新しい動画配信プラットフォーム「Paravi(パラビ)」来年4月サービス開始

新しい動画配信プラットフォーム「Paravi(パラビ)」来年4月サービス開始

東京放送ホールディングス、日本経済新聞社、テレビ東京ホールディングス、WOWOW、電通、博報堂DYメディアパートナーズ、6社の共同出資による動画配信サービス「Paravi(パラビ)」2018年4月サービス開始

 東京放送ホールディングス(TBS)、日本経済新聞社、テレビ東京ホールディングス、WOWOW、電通、博報堂DYメディアパートナーズの6社の共同出資により今年7月に発足した「株式会社プレミアム・プラットフォーム・ジャパン」は25日、来年4月から始める動画配信サービスの名称を「Paravi(パラビ)」と発表した。

 サービスの中心となるのは、SVOD(Subscription Video On Demand:定額制動画配信サービス)で、ドラマや映画などのエンターテインメントや、経済コンテンツなどを、月額925円(税込999円)で提供。スマートフォンやタブレットなどあらゆる端末、もちろんテレビでも視聴できる。4Kコンテンツも配信していく予定だ。

 スタート時の目玉の1つが、「ケイゾク」、「SPEC」シリーズの堤幸彦監督が手がける異色刑事ドラマの新作『SICK’S 恕乃抄』。「SPECサーガ」の完結篇として制作される本作は、舞台を「SPEC」の警視庁公安部公安第五課未詳事件特別対策係、通称「未詳(ミショウ)」から、内閣情報調査室へと移し、SPEC HOLDER対策の特務事項専従係、通称「特務(トクム)」のメンバーの活躍を描く。

 ほかにも、各局のオリジナルコンテンツ、あるいは局の垣根を越えてコラボレーションした各種番組を制作・配信。音楽ライブや舞台・演劇、スポーツイベントなどの生配信(ライブストリーミング)も行い、「Paravi」と各メディアグループとを縦横断するダイナミックな編成企画を準備しているという。

 TBSテレビやテレビ東京の最新ドラマ、バラエティーなどのキャッチアップ配信(独占含む)もあれば、TBSの『逃げるは恥だが役に立つ』やテレ東の『孤独のグルメ』、WOWOWのオリジナルドラマ「ドラマW」作品などのアーカイブも楽しめる。テレ東と日経が協力する『ワールドビジネスサテライト(WBS)』、『ガイアの夜明け』、『未来世紀ジパング』、『カンブリア宮殿』の経済4番組やジャーナリスト・池上彰氏出演の報道特別番組なども配信する。

 TBSラジオとラジオNIKKEIのコンテンツも活用し、デジタルキュレーションを目的としたテキストメディアを立ち上げ、動画情報を補完する一方、日本経済新聞・日経産業新聞・日経MJや日経BP社のリソースを活用したオリジナル番組も制作する。

 サービス名の「Paravi」は、ギリシャ語で「近い」を意味する「Para(パラ)」と「Vision(ビジョン)」を組み合わせた造語。ちなみに、「Television(テレビジョン)」の「Tele(テレ)」には「遠い」という意味があり、「今までのテレビ以上に、映像をもっと身近に楽しめる体験を提供したい」 という思いが込められているといい、「近い将来、視聴者の皆様の支持が「テレビからパラビへ」と広がっていく存在になりたい」としている。

関連記事(外部サイト)