『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』2週連続1位

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』2週連続1位

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(公開中)(C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

 12月23日・24日の映画動員ランキング(興行通信社調べ)は、人気映画シリーズ最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』が、土日2日間で動員45万人、興行収入6億9600万円をあげ2週連続1位を飾った。今月29日からはIMAX3D、年明け1月5日からはMX4Dと4DXで「ダークサイドバージョン」が新たに公開されるなど、上映方式や映画館ごとの来場者特典なども実施される予定で、今後も熱心なファンを中心にリピート客も見込まれ、動員&収入を伸ばしそうだ。

 2位〜4位は、それぞれ先週の順位をキープ。2位『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』(2週目)は、土日2日間で動員19万9000人、興収2億2700万円、3位『8年越しの花嫁 奇跡の実話』(2週目)は、動員18万6000人、興収2億4600万円、『DESTINY 鎌倉ものがたり』(3週目)は動員16万9000人、興収2億2800万円だった。

 5位には『未成年だけどコドモじゃない』が、動員11万5000人、興収1億3700万円で初登場。『今日、恋をはじめます』などの作者・水波風南氏の“ヒミツの結婚”からはじまるラブストーリーを、中島健人(Sexy Zone)、平祐奈、知念侑李(Hey! Say! JUMP)らの出演で実写映画化。監督は『ヒロイン失格』の英勉氏が務めた。配給元(東宝)による初日アンケートによると、10代が65%、20代が15.9%と若年層の圧倒的支持が特徴。

 新作では、ジャッキー・チェンがカンフーの達人でもある考古学者を演じるアクション・アドベンチャー『カンフー・ヨガ』が土日2日間で動員3万4000人、興収4500万円をあげ、8位にランクイン。桐谷美玲主演のロマンティック・コメディー『リベンジgirl』は11位だった。

関連記事(外部サイト)