松山千春、“聖地”ニトリホール最後のXmasライブ 来年10月閉館・取り壊し

松山千春、“聖地”ニトリホール最後のXmasライブ 来年10月閉館・取り壊し

札幌・ニトリ文化ホールで最後のクリスマス公演を行った松山千春

 フォークシンガー・松山千春(62)が25日、北海道・札幌のニトリ文化ホールで秋のツアー『愛がすべて』のファイナル公演を開催。1992年の秋ツアーから毎年、クリスマスにツアーファイナル行ってきた同ホールは来年10月に閉館が決定しており、聖地での“ラストクリスマス”をファンと分かち合った。

 ホールは71年に北海道厚生年金会館としてオープン。2400人の収容人数は北海道で最大のものだった。その後、2008年に札幌市が入札、ネーミングライツで10年から現在の「ニトリ文化ホール」となった。

 松山にとっては77年1月に「旅立ち」でデビューし、その年の8月8日に初めて立ったステージがこのホール。デビュー後は毎年、春と秋のツアーを欠かさず行い、すでに2500本以上のライブをこなしてきたが、その中で92年の秋のツアーからはファイナル公演をクリスマスに同ホールで恒例化してきた。

 地元イベント会社によると、松山がホールを使用した回数は「デビュー以来、百数十本はやっている。2番目の高橋真梨子でさえ四十数本ですから圧倒的です。全国の厚生年金会館が消えて行く中で、名称が変わっても残ってきたのは同ホールに対する千春の思入れに、周りが共鳴していたから」(ウエス・小島紳次郎社長)。まさに松山にとって“聖地”だった。

 そんな歴史の一区切りを迎えたこの日のコンサートでは「北風の子守唄」で幕を開け、新曲「初雪」「愛がすべて」、そして「時のいたずら」「銀の雨」「季節の中で」「恋」などヒット曲も含め全19曲を歌い上げた。

 来年10月の閉館後、ホールは札幌市の文化芸術の新たな拠点としてテレビ塔脇に建設中の大型複合施設「市民交流プラザ」へと引き継がれる。本格的なオペラやバレエ、さらにはコンサートが可能な2300席のホール「札幌文化芸術劇場」も完成する計画で、ニトリホールが閉館する10月にオープンする予定だ。一方、閉館後のホールは取り壊し、大規模国際会議場に生まれ変わるという。

関連記事(外部サイト)