哀川翔の娘・福地桃子、CDTVスペシャルドラマで注目される

哀川翔の娘・福地桃子、CDTVスペシャルドラマで注目される

『CDTV スペシャル!クリスマス音楽祭 2017』のスペシャルドラマに出演した福地桃子 (C)TBS

 25 日に4時間半にわたって放送された『CDTV スペシャル! クリスマス音楽祭 2017』で、視聴者の実体験エピソードをもとに制作されたスペシャル“胸キュン”ドラマ「愛が呼ぶほうへ」に出演した若手女優・福地桃子に注目が集まっている。

 同番組は、視聴者からのクリスマスにちなんだ実体験エピソードを『CDTV』の番組内で募集し、クリスマスならではの“胸キュン”エピソードが多数寄せられ、その中から厳選したエピソードをスペシャルドラマ化したもの。

 福地は、ポルノグラフィティの「愛が呼ぶほうへ」をテーマソングに制作された作品で、高校1年生から8年間の付き合いで、大学受験や就職活動を共に乗り越えてきたカップルの、大人になっていくにつれて生じる“切ないすれ違い”や、“変わらない一途な想い”を描いた“胸キュン”ラブストーリーで堀井新太演じる颯太の彼女
役を演じていた。

 福地は、事前に行われたインタビューで、撮影現場で印象に残ったことは?との質問に対し、「ちょっぴり大人な雰囲気のバーでの撮影があったのですが、今まで東京タワーが目の前に見えるバーなんて行った事がなかったのでソワソワしちゃいました!(笑)その撮影の待ち時間に現場の皆さんと監督のきゅんきゅんする恋愛エピソードをこっそり聞けた事が印象に残っています」と若手女優ならではの可愛らしい感想を述べていた。

 また、自身のクリスマスで印象深い思い出は?という質問には、「高校3年生の時のクリスマスは予定が特になくてお友達と迷いに迷って、結局一日中カラオケに行きました。(笑) “なんでクリスマスに一日中カラオケにいるんだろね〜!”とみんなで笑っていたけど、高校を卒業してからはなかなかみんなで会うことが出来なくなっちゃって…そんな今だからこそあの時の時間はすごく大事な時間だったんだな〜と思います」と自身の思い出を振り返っている。

■福地桃子
2016年、テレビ東京10月期土曜ドラマ「潜入捜査アイドル・刑事ダンス」にて女優デビュー。その後、哀川翔の娘であることを公表し、5月にバラエティ親子初共演を果たす。親子共演は大きな話題となり、その後もオファーが殺到し、一気に認知度を高める。女優としてもオーディションで 2018年公開予定の長編映画「あまのがわ」で主演が決定するなど躍進しており、今後の活躍が期待される。

関連記事(外部サイト)