市原隼人主演ドラマに三田佳子、柳葉敏郎らの出演決定

市原隼人主演ドラマに三田佳子、柳葉敏郎らの出演決定

テレビ朝日系土曜ナイトドラマ『明日の君がもっと好き』(2018年1月20日スタート)に三田佳子(左)、柳葉敏郎(右)の出演が決定(C)テレビ朝日

 俳優の市原隼人が主演するテレビ朝日系土曜ナイトドラマ『明日の君がもっと好き』(2018年1月20日スタート、毎週土曜 後11:05〜11:59)に三田佳子、柳葉敏郎、渡辺大の出演が新たに発表された。

 同ドラマのテーマは、“人生に一度だけの大切な恋”。恋に冷めている植物系男子の造園デザイナー・松尾亮(市原)、ダメ男とばかり関係を持ち、恋をあきらめかけている30代秘書・里川茜(伊藤歩)、人懐っこいキャラとは正反対のウラの顔を持つ新社会人の男・城崎遥飛(白洲迅)、自身の性的アイデンティティーに悩む丹野香(森川葵)という4人の男女に、茜の妹・黒田梓(志田未来)が加わって、“想定外”の恋の物語を紡ぎだしていくヒューマンラブストーリー。

 新たに発表された三田が演じるのは、茜と梓の祖母・里川静子。幼くして両親を亡くした孫たちを引き取って育て上げ、現在は甲斐甲斐しく夫の介護に当たる、良き妻・良き祖母。しかし、その胸の内には憎しみの炎をくすぶらせており、誰も見ていないところではゾッとするような表情も。

 三田は、本作の脚本を手掛ける井沢満氏とは『外科医・有森冴子』シリーズ(日本テレビ)などでタッグを組んできた、いわば“盟友”。井沢氏が描きだす“心に鬼を飼う女”を、すごみを感じさせる芝居で表現する。三田も「静子さんは誇り高く生きてきた人だからこそ、どうしようもない感情の行き違いに傷つき、悩み、かたくなな面を併せ持ってしまった人。井沢満さんの脚本には、常に独特の世界観があるので、その中で静子さんの多くを語らず、しかしフクロウのようにすべてを見通している存在をどう演じられるか。難しくもあり、楽しみでもあります」と、意欲を燃やしている。

 柳葉は、亮が勤める『丹野園』の社長。亮を15歳の頃から育て上げた恩人であり、香の父でもある丹野文彦を演じる。文彦は、息子のようにかわいがってきた亮と愛娘・香の結婚をただ純粋に願う、人情派の親方。柳葉は「僕が演じる文彦は、ごくごく普通の思いを抱いて生きてきた男。そういう意味では、久しぶりに“人間”を演じられるな、と思っています。刺激的な物語の中で、ホッと息をつけるような場面をお見せできればいいですね」と意気込んでいる。

 市原は、ベテラン2人の出演決定に、「三田さんの“芝居”や“熱”、“思い”をこぼさずすべて受け止めて、しっかり大先輩の演技に向き合っていきたいと思います。また、おやっさんを演じる柳葉さんを心の底から信用して、その胸にしっかりと踏み込んでいけるよう、ひとつひとつのお芝居をやっていきたいですね」と共演に胸を躍らせている。

 渡辺は、かつて茜と婚約までしながら、その妹・梓に迫られて結婚した会社員・黒田智弘役で出演。姉妹の間で揺れる複雑な男の心境を巧みに表現していく。

関連記事(外部サイト)