CHEMISTRY、再始動曲を中学生の前で熱唱「夢を追い続けましょう」

CHEMISTRY、再始動曲を中学生の前で熱唱「夢を追い続けましょう」

中学生の前で熱唱したCHEMISTRY

 男性デュオ・CHEMISTRYが27日、東京・マイナビBLITZ赤坂で行われた『第5回 全国小・中学校リズムダンスふれあいコンクール』でミニライブを開催した。今年2月に5年ぶりに活動再開した二人の再始動曲「ユメノツヅキ」が大会の規定曲に起用されたことから、参加中学生を前に熱唱した。

 審査タイム中にサプライズとして二人がステージ上に現れると、これまでダンスバトルを繰り広げた中学生たちは大歓声。堂珍嘉邦は「僕らの再始動曲に振りをつけてくれてどうもありがとうございます」と感謝しながら「コンテストだから勝ち負けついてしまうのですが、歌詞にも『Keep dreaming on』とあるように一緒に夢を追い続けましょう」とメッセージを送った。

 また同じく規定曲である「Go My Way!」を担当する女性ボーカルグループ・Little Glee Monsterも生ライブを披露。さらに大ヒットしたTBS系連続ドラマ『陸王』の挿入歌として話題を集めた「Jupiter」のカバーでも美声を響かせ、存分に中学生たちを楽しませた。

 同大会は、2012年より全国の小・中学校で必修となったダンスの授業“現代的なリズムダンス”をクラス単位で発表する。第5回となる今回は、関東大会、近畿大会、東海大会などの地方大会や、映像審査で選ばれた全国の小・中学生が集結。規定曲部門では規定振りの特徴を捉え、十分に踊りこなせているか、空間の工夫や独創性、躍動感、チームワークなどを審査基準とする。

 優勝となる文部科学大臣賞には長崎県平戸市大島中学のTeam大島18に決定。一昨年優勝、昨年は準優勝で今回リベンジを果たし、うれし涙を浮かべる生徒たちに審査員の恵俊彰がチーム18人一人ひとりにメダルをかけ、健闘をたたえていた。大会の模様は、TBS(※関東ローカルほか)で2018年1月2日午前6時から放送される。

関連記事(外部サイト)