LINEオーディショングランプリ・足立佳奈が初ワンマン 金メダリストが応援に駆けつける

LINEオーディショングランプリ・足立佳奈が初ワンマン 金メダリストが応援に駆けつける

初ワンマンで2017年を締めくくった足立佳奈。

 LINE×SONY MUSICオーディションで12万5094人の中からグランプリを獲得した足立佳奈が、2017年を初のワンマンライブで締めくくった。

 今回のワンマンライブは2nd Single「フレーフレーわたし」購入者限定のスペシャルライブ。ライブ以外にトークパートもあり、その模様がLINE LIVEで生中継された。トークパートでは、足立のLINE LIVEではお馴染の大野泰広が登場し、会場の緊張をほぐしながら徐々に場を温めていった。

 緊張しつつもいつもの笑顔であいさつをし、2017年の活動を振り返った足立。2nd Single「フレーフレーわたし」のトークに入ると、なんとミュージックビデオで共演した3名の金メダリストを擁するコナミスポーツ体操競技部の選手全員が応援に登場。「フレーフレーわたし」がコナミホールディングスのCM曲として起用され、正月に放映されることが発表されると、会場には割れんばかりの歓声が上がった。

 ライブパートのMCでは「実はこの会場は初めて人前で歌った会場でとても思い入れのある場所。そんな場所で初のライブができて本当に特別な一日になりました」と感慨深げに語る。そして5曲を歌い終えると、2018年2月28日に「サクラエール」をリリースすることを発表、同曲を初披露した。

 この曲は、足立が15秒ソングとしてTwitterで発表した曲のフルバージョン。頭のサビが歌われた瞬間、多数のファンが涙する様子も見られた。新曲初披露に会場は引き込まれ、ライブ終了後のSNSでは「サクラエール良すぎる!」「一番好きな曲がリリースされるのは嬉しい!」などの感想が殺到した。

関連記事(外部サイト)