菅田将暉、仕事納めに“オーバーワーク”な1年振り返る「体は元気」

菅田将暉、仕事納めに“オーバーワーク”な1年振り返る「体は元気」

『第30回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞』で主演男優賞を受賞した菅田将暉 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の菅田将暉(24)が『第29回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞』で主演男優賞を受賞し28日、都内で行われた授賞式に出席した。今年は主演映画『あゝ、荒野』『キセキ ―あの日のソビト―』『帝一の國』『火花』をはじめ、さまざまな分野で活躍。表彰状には「明らかなオーバーワーク…」という言葉が書かれ、菅田も思わず苦笑した。

 今年は主演映画4本が公開された以外にも、NHK大河ドラマ『直虎』や舞台への出演、歌手デビュー、ラジオパーソナリティーとしても活躍。「『明らかなオーバーワーク』という言葉が表彰状に書かれていて、びっくり」と笑い、「確かに疲れた1年でした。でも、僕まだ24歳で元気なので、体は元気です。頭と心と体を使えるだけ使ったかいがあって、主演男優賞という目指すべき大きな賞をいただけて、いい年になりました。今日が仕事納めです」と明るくあいさつ。「4つの作品以外もたくさんやった年ですが、特に今年出会った皆さまに感謝を言いたい。ありがとうございました」とスピーチを終えた。

 前年受賞者の佐藤浩市が表彰盾、『あゝ、荒野』で共演した木下あかりが花束を贈呈。木下は、菅田について「共演する前から映画やテレビでたくさん見ていて、この人は天才なのだと思っていた。共演して、天才という言葉では片付けてはいけないくらい努力の塊のような人。引っ張っていってくれました」と語った。

■『第30回 日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞』の受賞者、作品は以下の通り。

作品賞:映画『あゝ、荒野』(岸善幸監督)
監督賞:石井裕也監督(『夜空はいつでも最高密度の青色だ』)
主演男優賞:菅田将暉(『あゝ、荒野』『キセキ ―あの日のソビト―』『帝一の國』『火花』)
主演女優賞:蒼井優(『彼女がその名を知らない鳥たち』『アズミ・ハルコは行方不明』)
助演男優賞:役所広司(『三度目の殺人』『関ヶ原』)
助演女優賞:尾野真千子(『ナミヤ雑貨店の奇蹟』)
新人賞:浜辺美波(『君の膵臓をたべたい』『亜人』)
石原裕次郎賞:『アウトレイジ 最終章』(北野武監督)
石原裕次郎新人賞:竹内涼真(『帝一の國』)
外国作品賞:『ダンケルク』(クリストファー・ノーラン監督)

関連記事(外部サイト)