美山加恋、舞台『銀河鉄道999』にガラスのクレア役で出演

美山加恋、舞台『銀河鉄道999』にガラスのクレア役で出演

舞台『銀河鉄道999』〜GALAXY OPERA〜にクレア役で出演する美山加恋。

 女優・声優の美山加恋が、2018年6月23日より明治座で開幕する舞台『銀河鉄道999』〜GALAXY OPERA〜にクレア役で出演することが決定した。

 12月27日、ディファ有明で開催された「完全投票型声優イベントV-NEXT」にて、特別賞に選ばれ、舞台『銀河鉄道999』〜GALAXY OPERA〜への出演オファーを受けた美山。近年は『キラキラ☆プリキュアアラモード』の主演声優を務め、ミュージカル『赤毛のアン』でも主演するなど、活動の幅を広げているなかでの、新たなチャレンジとなる。

 美山が演じる「クレア」はクリスタルガラスの体をもつ機械化人。元の身体を買い戻すため、銀河超特急999号の食堂車で働いている少女で、鉄郎にほのかな恋心を抱く。その切なく、強く、儚い存在は、『999』の物語のなかでも特に強い印象を残してきた。ガラスのボディをどう表現するかはまだ明らかにされていないが、美山の透明感は、すでにクレア役の条件を有しているといえる。

 舞台『銀河鉄道999』〜GALAXY OPERA〜の東京公演は6月23日〜30日に明治座、北九州公演は7月21日〜22日に北九州芸術劇場大ホール、大阪公演は7月25日〜29日に梅田芸術劇場シアター・ドラマシティにて。出演は中川晃教(星野鉄郎)、ハルカ(メーテル)、染谷俊之(機械伯爵)、矢沢洋子(リューズ)、雅原慶(シャドウ)、入野自由(大山トチロー)、お宮の松(車掌)、小野妃香里(トチローの母/鉄郎の母/プロメシューム(声))、塚原大助(アンタレス)、凰稀かなめ(クイーン・エメラルダス)、平方元基(キャプテン・ハーロック)。

■美山加恋プロフィール
子役として2002年に舞台デビュー。2004年のテレビドラマ『僕と彼女と彼女の生きる道』の演技で天才子役として注目を集め、数々の賞を受賞した。その後もテレビドラマや映画、舞台などに出演し、近年は声優としても活躍。2017年のテレビアニメ『キラキラ☆プリキュアアラモード』で出演声優を務めたほか、舞台ではミュージカル「赤毛のアン」などで主役を演じている。

関連記事(外部サイト)