乃木坂46の『流行語大賞2017』第1位は「いやらしい目で見なければ。」

乃木坂46の『流行語大賞2017』第1位は「いやらしい目で見なければ。」

乃木坂46流行語大賞2017/仮想ライブ空間「SHOWROOM」

 乃木坂46の伊藤かりんと寺田蘭世が27日、仮想ライブ空間「SHOWROOM」において、「乃木坂46流行語大賞」を発表した。

 番組序盤は、伊藤1人で去年までの流行語と、独断と偏見で選んだ特別賞を紹介。「黒石さん」や「46時間テレビ」、「さゆりんご軍団」とファンにはおなじみの言葉が並んだ。

 そして寺田がスタジオに到着し、早速2017年の流行語大賞の発表へ。まず第5位は、西野七瀬が乃木坂工事中の軍団勧誘プレゼンで言った「人生変わりました」。伊藤曰く「西野さんの言わされた感がすごい!」とのこと。

 第4位は「東京ドーム」。乃木坂46にとって、東京ドームでのライブは2017年の一大イベントとあって、2人とも「そりゃそうでしょ!」と納得のランクイン。

 第3位は、バナナマン日村の「ヒム子」。日村が扮する「ヒム子」が、神宮でのライブで登場した際、会場からの「キャーッ」という悲鳴を聞いた寺田は、「乃木坂終わったと思った」と感想を漏らした。

 第2位は、寺田オリジナル用語の「チャッス」。寺田家では、お茶のことを指すとのこと。「今日学校で使ったよ」といったコメントも見られ、寺田が思った以上に広まっていることに驚きの様子だった。

 そして、第1位となったのは「いやらしい目で見なければ。」。レギュラー番組『乃木坂工事中』内で、生田絵梨花と高山一実がバナナマン日村に対して放った一言。日村に関わる言葉がここでもランクインした事もあって、二人は「日村さんにご飯連れてってもらおう!」と日村へのアピールも忘れなかった。

関連記事(外部サイト)