小室哲哉が不倫騒動で引退表明 「引退すべき」6.9%、「引退すべきではない」42.6%

記事まとめ

  • 週刊文春が報じた不倫騒動の責任を取り、音楽プロデューサー・小室哲哉が引退を表明
  • ORICON NEWSの調査では、「引退すべき」6.9%、「引退すべきではない」42.6%となった
  • 「どちらともいえない」は50.5%で、理由として「個人の自由」とする声が最多だった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております