稲垣・草なぎ・香取、4月からAbemaで大型レギュラー番組 月1で7.2時間生放送

稲垣・草なぎ・香取、4月からAbemaで大型レギュラー番組 月1で7.2時間生放送

元SMAP3人 4月から新番組

稲垣・草なぎ・香取、4月からAbemaで大型レギュラー番組 月1で7.2時間生放送

(左から)稲垣吾郎、香取慎吾、草なぎ剛 (C)ORICON NewS inc.

 ファンサイト「新しい地図」を立ち上げた香取慎吾の誕生日を祝う特別番組『72Hunもうちょっとテレビ 〜香取慎吾バースデー特番〜』が30日の午後11時から翌31日にかけて、インターネットテレビ局「AbemaTV」で生放送。番組内で4月1日から同局で、3人が出演するレギュラー番組『新しい別の窓』(毎月第1日曜日 午後5時から7.2時間生放送)がスタートすることが発表された。新しい地図としてのレギュラー番組はこれが初となる。

 今回の香取の誕生日特番は、2018年に日付が変わった45分後に同局で生放送された『27Hunホンノちょっとテレビ』(香取・稲垣吾郎・草なぎ剛が出演)の番組終盤に、草なぎが「慎吾の誕生日にもう一回やんない?」と気軽に提案したことがきっかけ。香取は「そんなに簡単にできるの?」と半信半疑だったが、実現にいたった。

 この日の放送は、稲垣と香取のツーショットでスタート。香取が「重大発表があります。言い出しっぺのツヨポンがいません」と切り出すと、韓国での別仕事により草なぎが不在だと説明。その直後、電話での出演を果たした草なぎは「ちょっとミスったね…」と申し訳なさそうに謝罪しながらも「実は用意しているものがあります」と明かし、4.1メートルの巨大バースデーケーキをプレゼントした。

 さらに、草なぎが香取のことを思ってバースデーソングを制作したといい「この日のために曲を書いてきました。ギターが書いてくれました。6時間くらいでできました」とにっこり。草なぎが歌うバースデーソング「41」を、VTRで見届けた香取は電話で感謝の思いを伝えた。

 そのまま番組エンディングを迎えたところで、香取がひとつの目の重大発表として同局での72時間生放送をまとめたDVD『72時間ホンネテレビ〜7.2時間にホンネでまとめちゃいました〜』を発売すると発表。続けて、3人で大型レギュラー番組をスタートさせることを明かした。7.2時間の生放送は国内初の試みとのことだが、タイトルにも意味が込められているようで、放送直後に更新された新しい地図のツイッターでは「頭文字をとると『あべま』に?」とつぶやかれている。

関連記事(外部サイト)