魔娑斗&矢沢心夫妻、不妊治療経験を綴った本を出版 矢沢、排卵障害を抱え体外受精も

記事まとめ

  • 元格闘家の魔裟斗、女優の矢沢心夫妻が『夫婦で歩んだ不妊治療』(日経BP社)を出版
  • 魔裟斗と矢沢は、約4年間の不妊治療を経て、12年6月に長女、14年9月に次女を出産
  • 矢沢は多嚢胞性卵巣症候群という排卵障害を抱えながら体外受精や顕微授精にチャレンジ

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております