大杉漣さんの葬儀を終え長男が胸中を吐露「最期に立ち会う事もできませんでした」

記事まとめ

  • 写真家の大杉隼平氏が父・大杉漣さんの葬儀を家族親近者のみで執り行ったことを報告
  • 隼平氏は「父は『現場者』でした。現場にいることを常に心がけてました」と綴った
  • 「夢であって欲しい」「最期に立ち会う事もできませんでした」とつらい胸中を吐露した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております