菅田将暉、重岡大毅は「現場の太陽」 関西弁トークで会場沸かす

 俳優の菅田将暉(23)とジャニーズWEST・重岡大毅(24)が18日、都内で行われた映画『溺れるナイフ』(11月5日公開)完成披露試写会に登壇した。同映画で初共演を果たし“親友”役を演じた2人は初対面を振り返り「ほんまにようしゃべるんですわ、この子。こんな関西人、生きてたんやって感じ。会って1分立たない間に『お前、おばはんか』ってツッコんだ」と呆れながらも「人とのコミュニケーションが上手で、現場の太陽って呼ばれてました」と感心した。