市川紗椰が語るバターへのこだわり「想像以上のうま味が口の中に広がって最高です」

市川紗椰が語るバターへのこだわり「想像以上のうま味が口の中に広がって最高です」

木次バターもお気に入りです。コクがあるのに口当たりがすっきりで、これで調理をすると自分が料理上手だと勘違いします

『週刊プレイボーイ』本誌で連載中の「ライクの森」――。

人気モデルの市川紗椰(さや)が、自身の特殊なマニアライフを綴るコラムだ。

今回は、さまざまなバターについてのこだわりを語ってくれた。

* * *

先日、アメリカに住んでいる友達からこんなことを聞かれました。

「日本には“コーヒーバター”っていうのが売ってるんでしょ!? 最高だね!」

コーヒーのバター……?なんのことかさっぱりわからなかったので友達に詳しく聞いてみると、うらやましがられている商品が判明しました。雪印メグミルクから発売されている「雪印コーヒーソフト」。あの紙パックでおなじみ雪印コーヒーの成分を加えたマーガリンだそうです。

「バターでカフェインが取れるなんてヤバイ!」と友達は騒いでいましたが(笑)、確かにバター大好きなアメリカ人にとっては「これぞクールジャパン!」と言うべき画期的な商品なのかもしれません。日本人からすれば、味噌にお茶っ葉が入ってるようなものでしょうか?

私はまだコーヒーソフトを試していませんが、バターといえば最近「エスカルゴバター」というものにはまっています。無塩バターにパセリとニンニクを練り込んだもので、フランス料理によく使われる食材です。エスカルゴの殻にこのバターを詰めてオーブンで焼けばとてもおいしいんですが、ほかにもいろんな食材に使える万能の調味料です。

例えば、カキにのせて蒸し焼き風にしたり、これで魚をソテーすると絶品。一番のオススメは、マッシュルームにこのバターをのせてオーブンで焼くだけの簡単料理です。想像以上のうま味が口の中に広がって、最高ですよ!

また、フランスのブレスという地方で造られている「ブレスバター」もオススメ。ヨーロッパでは、バターを発酵させた発酵バターが主流なんですが、このブレスバターもその一種。まるでクリームのように上品なコクがあって、じゃがバターにこれを使ったら最強です。

また、高級バターの代名詞、「エシレ」のバターもやっぱりおいしいですね。レストランでこれが出てくると女子がみんな喜ぶおしゃれブランドでもあります。丸の内にエシレの専門店があって、そこではこのバターを使ったお菓子やアイスも売られています。

特に、「ギモーヴ」というマシュマロのようなお菓子は、まるでエシレバターの塊を食べているように濃厚でオススメです。福岡のオルトズベーカリー「カッセス」というパン屋さんのバターも外せません。生クリームに近い感じでそのまま食べてもおいしいので、福岡に行った際は必ず買ってしまいます。

こんなにおいしいバターですが、気になるのは栄養価ですよね。「コレステロール値が高い」というイメージがあるかもしれませんが、バター10gに含まれるコレステロールは、卵1個に含まれるそれの10分の1程度。しかも、ビタミンAをはじめとするビタミンが豊富なので、とても優秀な食品なんです。エスカルゴバターでブロッコリーやホウレンソウなどの野菜をソテーすれば、かなりの量が食べられるので、野菜不足の方にもオススメです。

エスカルゴバターは無塩バターを使って簡単に作ることもできるんですが、輸入食品を扱うお店に売ってることもあるので、見つけたらぜひ試してみてください!

私も雪印コーヒーソフトを買ってみます(笑)。

●市川紗椰(いちかわ・さや)







1987年2月14日生まれ。アメリカ人と日本人のハーフで、4歳から14歳までアメリカで育つ。現在、モデルとして活動するほか、J−WAVE『TRUME TIME AND TIDE』(毎週土曜21:00〜)、MBSラジオ『市川紗椰のKYOTO NOTE』(毎週日曜17:10〜)などにレギュラー出演中。バターコーヒーダイエットは吐きそうになってすぐにやめた

関連記事(外部サイト)