不思議キャラ界(?)のニューヒロイン・玉井らん「ランドセルを忘れたことに教室で気づく、みたいなミスが多いです」

不思議キャラ界(?)のニューヒロイン・玉井らん「ランドセルを忘れたことに教室で気づく、みたいなミスが多いです」

『週刊プレイボーイ』45号で初のグラビア撮影に挑戦した玉井らんちゃん

笑顔がうまく作れなかったり、動きが硬くなったり......初のグラビア撮影は緊張でガチガチになってしまう人が多い。しかし『週刊プレイボーイ』45号(10月22日発売)で初グラビア撮影に挑戦した玉井らんは違った。

不意に海岸のワカメを拾い上げたかと思えば、それを振り回したり、一般の方がいる前でも勢いよく服を脱いで水着になったり。こんなに伸び伸びと初水着の撮影を楽しんでいるコは今まで見たことがない。そんな彼女の素顔とは?

* * *

──初めての撮影、お疲れさまでした。とてもリラックスしてるように見えました。

玉井 いやいや、緊張があんまり外に出ないタイプなだけで、普通に緊張しましたよ〜。自分ひとりのためにプロのスタッフさんたちが動いてくれる現場なんてないので、責任も感じましたし。あとは水着での撮影も初めてだったので「うわ、布の面積が小さい!」ってなって、それで緊張したりもしました(笑)。

──そうだったんですね。いつも玉井さんは和やかでホワホワしているので、焦りとか緊張が伝わりにくいのかも。スタッフの間でも、「1回目とは思えないね?」と話してたんですよ。

玉井 よくマイペースっていわれたりはしますね。小学生のときから今に至るまで、ランドセルを背負わずに登校して、教室で初めてそれに気づく......、みたいなミスが割と多いです。

──マイペースというか、かなりのおっちょこちょいですね。面白い出来事が周りでたくさん起きていそう。

玉井 そういえばここ最近もちょっと不思議な体験をしてて。ひとりで歩いていると同世代くらいの女性から「その服どこで買ったんですか?」って声をかけられるんです。もう4回くらい聞かれてるかな。

どんなに気になってもなかなか見ず知らずの人に声をかけないじゃないですか。東京の人は行動力があるな〜、興味・関心が強いんだな〜って。その姿勢は私も見習わないとなと思わされました。 

──......オチの角度がすごいですね。話しかけられて、どう対応するんですか?

玉井 「タグ見てください?」って言って確認してもらいます。自分も合ってるか自信があるわけではないし、間違ったブランドを伝えたら申し訳ないので。

──玉井さんの対応もかなり独特ですね。それでその後は?

玉井 「ありがとうございました〜」みたいな感じで、皆さん離れていきますね。

──なんか怖いですね。しかもそれを4回も経験してるって。

玉井 1回目はびっくりしましたけど、何度も続くので「これが東京では普通なんだ!」って気づきました。

──いやいや、普通じゃないですよ。というか玉井さん、昔から東京で遊んでたんですよね?

玉井 あ、言われてみれば。

──一応、グラビアのリードでもオシャレ好きの玉井さんを「シティーガール」と紹介してます。

玉井 確かに服やメイクは好きで、15歳くらいから毎週末は原宿に出かけて化粧品とか洋服をあさってました。中学生のときはティーン誌の『nicola』が好きでページを切り抜いてノートに貼ったりしてましたね。

好きな気持ちがあふれて『nicola』の読者モデルオーディションを受けて合格して、そこから芸能界に入りたいって思うようになったんです。

──雑誌のファンだった女のコが、今は雑誌に載る側になったわけですね。

玉井 不思議な感じです。うれしいし、もっと頑張ろうって思ってます。少しずつですけど、大好きなドラマのお仕事もいただけるようになってきたので、今後はその機会を増やしていくことが目標です。

今はまだオーディションで落ちちゃうこともあるけど、「まぁ、次頑張ればいいか」って前向きに思えるタイプなので。気長に、でもしっかり熱を持ってやっていこうと思います!

●玉井らん(TAMAI RAN)
1996年3月26日生まれ 神奈川県出身
身長164p B82 W60 H85
◯DHC「濃密うるみカラーリップクリーム」CM、ファンケル「内脂サポート」CMに出演中。ドラマ『プリティが多すぎる』(日本テレビ系、毎週木曜24:59〜)の8、10話にえみり役で出演予定。公式ホームページ【https://www.tpro6.co.jp】公式Instagram【@ran_tamai】

(スタイリング/小山田孝司 ヘア&メイク/住本 彩)

撮影/蓮井元彦

関連記事(外部サイト)