超ストイックな"中部一かわいいJK"! 萩田帆風「休日も演技練習漬けの毎日。体育系出身なので、芯の部分は"強い"んです」

超ストイックな"中部一かわいいJK"! 萩田帆風「休日も演技練習漬けの毎日。体育系出身なので、芯の部分は"強い"んです」

『週刊プレイボーイ』45号で初水着グラビアを披露した“ほのぴぴ”こと萩田帆風ちゃん

3月、「女子高生ミスコン2017−2018」で準グランプリに輝いた"ほのぴぴ"こと萩田帆風(はぎた・ほのか)ちゃん。『週刊プレイボーイ』45号(10月22日発売)では、初水着グラビアを披露している。

上京し現在ひとり暮らしをしている彼女が、初めて実家を離れて感じる苦労とは......。

* * *

萩田 ひとり暮らしって寂しい! 地元の静岡では高校のダンス部のみんなとリア充学校生活を送っていたので、いきなりひとりになると心細くて。毎晩お母さんに電話したり、『TikTok』配信したりして気分を紛らわせています。 

──気晴らしの方法が今どき女子だ! やっぱり「すこ」とか「マジ卍(まんじ)」とか言うの?

萩田 そんな言葉使ってるコ、周りにもいませんよ! 第一、あれは若者言葉っていうよりギャル語じゃないかな? ネットニュースとかで「○○が女子高生に人気!」っていうの、全部が全部本当とは限らないですから。

──勉強になります。ダンスで鍛えた運動神経で、空手も黒帯の腕前だと伺いました。実力を体感してみたいので、試しにお尻あたりを蹴ってみてください!

萩田 あ、やめといたほうがいいですよ。お父さん(*萩田家は全員黒帯)に練習を手伝ってもらってるとき、「絶対にその蹴りを素人相手に使っちゃだめだ」って真顔で言われましたからね。2、3ヵ所折れてもよければ蹴りますけど......。

──や、やっぱり遠慮しておきます。ところで、今回が初水着&初グラビアということでしたが、はじける笑顔が印象的ですね。

萩田 うふふ。カメラマンさんやメイクさんと終始おしゃべりしながら撮ってもらっていて。(写真を見ながら)ほんとだ、めっちゃ笑ってる! 何話してたのかな......「うわあ波高〜い!」とか、くだらないことばっかりなんですけど(笑)。こういう写真を撮っていただくのが初めてだったので、写り方とか勉強になりましたね。

──グラビアのほかにも、演技や歌のレッスンなど、日々初めてのことに挑戦しているとか。

萩田 特に演技はまったくやったことがなかったので難しいですね。普通の会話でも、台本を読むとなるとどうしても自然じゃなくなっちゃう。だから早くいろいろ覚えたくて、レッスンがない日も自主練しています。

──華やかでキュートな印象が強い萩田さんですが、実はなかなかストイックですよね。

萩田 そうかも。ダイエットもやるとなったら目標体重までしっかり下げるし、高校でも深夜までダンスの練習したり、休日学校に行って勉強したりしてたし。

──「女子高生ミスコン」で惜しくもグランプリに届かなかったときも、めちゃくちゃ悔しそうでしたもん。

萩田 えへへ、バレてました?(笑)。最初は周りに半ば無理やり応募させられて、面接も「予定空いてたら行こうかな」ぐらいだったんですけど、選考が進んでいくうちに「やるからには絶対グランプリ獲(と)る!」って気持ちが変わって。

──一度決めたらやるタイプ!

萩田 体育系出身だからか、そういう芯の部分は強いんです。大人の人からは、私たち10代女子って「どうせなんかぽわぽわしたコたちでしょ」って雑な印象持たれがちだけど、ちゃんと頑張るときは頑張るんですよ!

「へえ、ほのぴぴちゃんって"意外と"しっかりしてるんだね」とか言われることも多いんですけど、そういう失礼な人にはバンバン蹴りを入れていきたいと思います。

──だからそれ素人相手に使っちゃダメなやつ! 最後に今後の目標について聞かせてください。

萩田 最初はなんとなくこの世界に入ってきたけど、今は女優さん目指して頑張ってます。将来映画やドラマ、舞台に出られるように、今はレッスン受けながら目の前のお仕事に全力投球したい。お芝居の中でなら自慢の蹴りを思いっ切り披露できると思うので、アクションものにも挑戦してみたいです!

●萩田帆風(ほのぴぴ)(HAGITA HONOKA)
2000年9月29日生まれ 静岡県出身
身長161p 血液型=A型
○日本一かわいい女子高生を決める「女子高生ミスコン2017−2018」で準グランプリ・フリュー賞を受賞。TikTokでもかわいすぎると話題に。公式Twitter【@Hho_pii】公式Instagram【@honchandaayo】公式TikTok【honotok】

(スタイリング/田中あゆ美 ヘア&メイク/たかべともみ)

撮影/栗山秀作 取材・文/結城紫雄

関連記事(外部サイト)