板野友美、30歳の誕生日をAKB48後輩メンバーたちがお祝い

「スモールワールズTOKYO」の1周年記念イベントに登場した、(左から)小田えりな、板野友美、岡部麟、清水麻璃亜

東京・有明にある世界最大級の屋内型ミニチュア・テーマパーク、スモールワールズTOKYOの1周年記念イベントが7月7日(水)に行なわれ、現在、第一子を妊娠中の元AKB48板野友美、そしてアンバサダーのAKB48岡部麟、小田えりな、清水麻璃亜の3人が登場した。

スモールワールズTOKYOに初めて来た板野は世界の街エリアを堪能。「何時間でも見ていられます。写真と違って、こういう街なんだとわかって、実際に旅行した気分になれる」と話しつつ、「クロアチアにいつか行ってみたい」と興味を持った様子。

また、最先端の3Dスキャナーでそっくりの人形が作れるコーナーを見ると「表情までちゃんと映し出されてリアル。家族写真を撮って家にミニチュアを飾りたい」と、幸せそうに語った。

板野友美02.jpg

そんな板野は7月3日に30歳の誕生日を迎えたということで、アンバサダーの後輩メンバーから3年無料年間パスが贈られた。

そしてアンバサダーの3人はこれからスタートする企画について、スモールワールズTOKYO社長の近藤正拡氏とトーク。シルバニアファミリー好きの清水は、新たに誕生するシルバニア世界の街づくりに参加したいとおねだり。また小田はスモールワールズの世界にAKB48劇場を作って欲しいとリクエストした。

昨年11月よりアンバサダーとして活動するAKB48メンバーたち、今後もスモールワールズTOKYOを盛り上げてくれそうだ。

IMG_2590.jpg

取材・文・撮影/関根弘康

関連記事(外部サイト)