"ゆで原画"第25回! 1月4日発売『キン肉マン』最新JC77巻を読む前に......76巻をベストシーンでおさらい!!

ゆでたまご両先生に、JC76巻から選んでもらった思い入れの深い漫画原稿

『週刊プレイボーイ』および『週プレNEWS』連載中(毎週月曜発売、および更新)の漫画『キン肉マン』(ゆでたまご作)のジャンプコミックス(以下、JC)各巻の中から、ゆでたまご先生ご自身にお気に入りの原画を選んでご紹介いただくシリーズ企画"ゆで原画"第25回。

いよいよ天へと続く"神の試練"の道・バベルの塔へと挑むことになった、全宇宙を代表する8名の精鋭超人たち! あのロビンマスクも奇蹟の復活を果たし、チームに合流。この先、関門として待ち受ける超神たちを相手にどんな闘いが繰り広げられていくのか!?

新展開が期待される大注目の『キン肉マン』最新JC77巻が、2022年1月4日(火)発売に!

キン肉マン77.jpg

そんな最新刊を読む前におさらいを兼ねて......その前巻JC76巻から作者・ゆでたまごの両先生に思い入れの深い漫画原稿1枚を、それぞれ理由も添えて選んでもらった。

まずは原作シナリオ担当・嶋田隆司先生に選んでいただいたのがこの1枚(JC76巻/34ページより)。

ゆで原画76中井先生.jpg

かつて直接対戦もしたキン肉マン スーパー・フェニックスとのタッグチーム「ゴッドセレクテッド」のパートナーとして奮闘するキン肉マン ビッグボディ。リング上で奮闘を続けるフェニックスに何か秘策があることを悟った彼は、すかさずタッチを要求。知性が頼みのパートナーに考える余裕を与えるべく、自らがあえて盾となって超神相手に時間を稼ぐ役割を買って出た。

――嶋田隆司先生(ゆでたまご・原作担当)コメント

「ビッグボディがフェニックスの盾になるだなんて、ほんの少し前までは考えられなかったことですよね。それこそ『ジャンプ』時代の王位争奪編当時にこんなことやっても、何かのギャグとしか見られなかったと思うんですよ(笑)。でもそれが、ここじゃなんの違和感もなくサマになってる。ビッグボディが頼もしいんですよ。中井君が描いたこの原稿を最初に見た時、なんだかしみじみとそういう思いが湧きあがってきて......。自分でも不思議なほどうれしい気分になりましてね。そんな思いで、今回はここを選ばせてもらいました。

そもそも、ビッグボディって身体もデカいし、こういう役割が栄える超人だったはずなんですよ。でも彼を初登場させた当時の僕は、そういう扱いをしなかったし、させてやれなかった。あとで子供の時からファンという人たちから、ビッグボディには期待してましたって言われることが多くて、それがずっと心残りだったんです。今になってようやくですが、その思いが払拭できたかなぁと、自分でもやっと実感できるようになってきて。

『キン肉マン』の連載を復活させて良かったなぁと思えたことは他にもたくさんありますが、このシーンにたどり着けたことも僕にとっては、そのうちの大きなひとつですね」

そして作画担当・中井義則先生に選んでいただいたページはこの1枚(JC76巻/86〜87ページより)。

ゆで原画76嶋田先生.jpg

超神タッグを、各々が誇る最強必殺技の形にとらえたフェニックス&ビッグボディのゴッドセレクテッドだったが、そこで、フェニックスがふたつの奥義を合体させるツープラトンの実現をビッグボディに要求。難しい提案だったが、これが超神に勝つ唯一無二のチャンス。そう考えたふたりは各々の技の最中に残る全力を振り絞り、誰も見たことのない至高のコンビネーション「ゴッドブレス・リベンジャー」を見事ここに完成させた!

――中井義則先生(ゆでたまご・作画担当)コメント

「久しぶりに見開きページで描こうと思えたシーンです。新シリーズ序盤の連戦の最後を締めくくる技ということで、どんな形がいいかと相棒とも頭を抱えながら進めていったんですけど、説得力を持たせるためにはやっぱり、それぞれの持つ最高の必殺技が合体するツープラトンがわかりやすくていいんじゃないかと。組み合わせ方を色々と模索していくうちに、ビッグボディが極めた両手を合体させた瞬間、上からフェニックスが落としてくる超神の首に回せば案外、綺麗な形に収まりそうだというのが見えてきたんです。描いてみても、予想した以上にまとまりが感じられるいい技になりました。

技の名前はゴッドブレス・リベンジャーですけど、これはもう同じ日に生まれた者同士であるフェニックスとビッグボディ版のマッスル・ドッキングと言っていいくらい、見栄えも破壊力も遜色ないツープラトンに仕上がったんじゃないでしょうか。

毎週の仕事の中で、絵を描いて納得するというところに至ること自体、なかなか難しいことなんですけど、これに関しては久々に口に出して言えるほど、手応えのある会心の絵が描けました。僕自身の感触としても、非常に満足の行く仕上がりになった1枚です」

フェニックスやビッグボディたちの奮闘により、超人の力を認めはじめた超神たち。彼らが解放した新たなる試練の場・バベルの塔は、天へと続く禁断の道。その途上には果たしてどんな新展開が待ち受けているのか? そこに挑む8人の超人に託された希望......全宇宙の超人たちの運命やいかに!

取材・文/山下貴弘 ?ゆでたまご/集英社

関連記事(外部サイト)