テキサスが育んだ意外に長身&巨乳美女・美澄衿依「誰にも理解されない願望があるんです」

美澄01.jpg

ヤングジャンプ「ギャルコン2021」の準グランプリ受賞を機にグラビアデビューし、人気急上昇中の"エリー"こと美澄衿依(みすみ・えりい)が1月17日(月)発売『週刊プレイボーイ5号』のグラビアに登場。それもそのはず、顔とボディのギャップがハンパない。

* * *

■夜道でサラリーマンの男性を......

――『週刊ヤングジャンプ』のギャルコン2021で準グランプリを獲得。応募のきっかけは?

美澄 7年ぶりに開催されるというニュースをLINE NEWSで見つけたんです。自分も何かしらでステップアップしないと埋もれてしまうと思って、応募したいと自分からマネジャーさんにお願いしたんです。

――それまではグラビアどころか水着の仕事もまったくしたことがなかったんだよね?

美澄 はい、プライべートでもビキニは着たことがなくて。

――じゃあオーディション当日は緊張した?

美澄 これまでの人生でこんなにたくさんの人の前で肌をさらしたことがなかったので超緊張しましたし、もし受かってしまったら自分の水着姿が全国の人に見られてしまうと思ったらすごくいやで。

もう地元の福岡に帰りたいとすら思ったんですけど......撮影が始まった瞬間、急に「楽しい」が100パーセントになってめちゃくちゃテンション上がりました(笑)。

――本番に強いんだね。

美澄 それからは撮影が大好きになって、毎日、お風呂に入る前に下着姿の自分の体をチェックしたり、食事制限とかジム通いも始めるようになって。

――もともと体には自信があったの?

美澄 いや全然。むしろ胸が大きいのがコンプレックスで、さらしブラとかを使って私服でもずっと胸をつぶしていたんです。でもグラビアを始めてからはナイトブラをつけたり、化粧水を胸にもつけるようになりました。

――グラビアを始めて周囲の反応は?

美澄 今までは隠していたので、まずは胸の大きさに驚かれます。あとはメイクや衣装で毎回きれいにしてもらっているので、私じゃないとか、「これ誰?」ってよく言われます(笑)。

――顔とスタイルのギャップが印象的な衿依ちゃんだけど、ハーフなんだっけ?

美澄 はい。お父さんがアメリカ人で3歳から11歳までテキサスに住んでいました。胸もそうなんですけど、私、小柄に見えるらしく、実際に会うと「そんなに背、高かったんだ!」って驚かれることが多いですね。

――確かに。身長はいくつ?

美澄 164cmです。丸顔で目も垂れているから、低身長に見られるんですかね? 性格も陽キャに見られるんですけど、実際はだいぶ陰キャです(笑)。

――それは意外。

美澄 オフは家から出たくないんです。趣味はナンプレにジグソーパズル、声優さんのラジオを聴くのにもハマってます。あとはインスタでかわいいコを探すのも好きです。

――ちょっと変わった趣味とかないの?

美澄 言ってもいいですか? 実はひとつだけ周りに共感してもらえない願望があって......。夜道とかを歩いて帰るときにサラリーマンの男性がひとりで歩いていたら、その人をめっちゃ追いかけたくなるんです。真顔で走りながら追いかけて、その人がどんな反応するかを検証したくて。

――えっ。追いかけて、そこからどうするの?

美澄 追いついたら、そのまま抜かして走っていきます。女性に追いかけられたら男性は怖がるのかどうかを知りたいんですけど、友達に話してもまったく理解してもらえないんです。

――だろうね(笑)。まさか実際にやってないよね?

美澄 まだやってないです。やったら警察沙汰になりかねないからって止められてます。

――陰キャなのか陽キャなのかいまひとつつかみ切れない衿依ちゃんですが、最後に読者へのメッセージを博多弁でお願いします!

美澄 今年は雑誌の表紙を目指してがんばります。いっぱい活躍するけん、応援してばい!

(スタイリング/設楽和代 ヘア&メイク/市嶋あかね) 

●美澄衿依(みすみ・えりい) 
1997年12月7日生まれ 福岡県出身 
身長164cm B86 W60 H85 血液型=A型 
趣味=アニメ鑑賞、かわいいコ探し、パズルゲームナンプレ、ジグソーパズル 
○『ヤングジャンプ』主催の「ギャルコン2021」で準グランプリを受賞。そのほか、ドラマや舞台を中心に活躍中。
公式Twitter【@ermrdayo】 
公式Instagram【@misumidasu】 
公式TikTok【@misumidasu】

取材・文/西山麻美 撮影/竹内裕二

関連記事(外部サイト)