デビュー10周年のマルチ声優・豊田萌絵が週プレ初登場「10年間を振り返ると、常に何かしらの思い出の隣に美来がいるんですよ」

豊田01.jpg

声優ユニット・Pyxisとしても活動する豊田萌絵(とよた・もえ)が、1月31日(月)発売『週刊プレイボーイ7号』のグラビアに初登場! あの日、一緒に過ごした時間が今でも鮮明に記憶の中に残っている。初めてキミが見せてくれた、オフの顔。

* * *

■好奇心旺盛な私にピッタリな職業です

――彼女と小旅行に来ている設定での撮影でしたが、もしも休みの日にデートに行くとしたら、どこへ行きたいですか?

豊田 温泉! 私、ヒマさえあれば温泉旅館の予約サイトを見るくらい、温泉が好きなんですよ。実際に仕事が午前中で終わって、そのまま友達を誘って日帰りで熱海や箱根に行ったり、次の日が休みだと勢いで1泊したりもします。

――思い立ったら即行動!

豊田 そうですね。基本的には気分屋で、それでいて行動力があるタイプなので、割と「なんでもいいよ」って言いながらついてきてくれる人がいいかな。普通、逆ですよね(笑)。

――確かに珍しいです(笑)。行動力があるのは昔からですか?

豊田 はい。小さい頃から好奇心旺盛で、いろんなことに興味がある子でした。だからこそ、声優という職業は私にすごくピッタリなんですよ。

――それは、どういう部分が?

豊田 アフレコのお仕事はもちろん、歌やライブ、ラジオや実写のお芝居、あとは雑誌のグラビアや写真集を出させてもらったりと、とにかくお仕事が多岐にわたっているじゃないですか。毎年のように新しいジャンルのお仕事に挑戦できているからこそ、飽き性の私が常にワクワクしながら続けられているのかなって。

――声優を志したきっかけは?

豊田 中学2年生のときからアニメが好きでたくさん見ていて、アイドルも好きだったんですよ。そして、ちょうどその頃からアイドル的な活動をする声優さんがちらほら出てきていたので、「私の好きなものをふたつとも体験できる!」と思ったのがきっかけです。

――ちなみに、アニメとアイドルを好きになったのは?

豊田 アニメは、これは冗談じゃなくて本当に、『ボボボーボ・ボーボボ』が小学生の頃にハマった最初の作品です(笑)。アイドルは松田聖子さんや南野陽子さんなど、80年代のアイドルが小学生の頃から大好きでした。それから時を経て、ハロプロ!や48グループ、坂道グループのアイドルも全部網羅していった感じです。

――幅広いですね。17歳で声優の仕事を始めて今年で10周年を迎えますが、実感はありますか?

豊田 全然ないです。あっという間に駆け抜けて、気づいたら10年たっていました。そもそも、自分がもうすぐ27歳になることを受け入れられてないというか。自分のことをまだまだ20代前半、なんなら気持ちだけでいうと10代だと思い込んでいる、痛いタイプの女です(笑)。

――声優の仕事を10年続けてきて、よかったなと思えることは?

豊田 ひとつは、自分が人生で経験したことがお仕事に生かされたっていうのを実感できる瞬間です。例えば私が19歳のときから携わらせていただいた『響け!ユーフォニアム』というアニメは、学生時代に吹奏楽をやっていたので、その知識がすごく生かされたんですよ。そういうときに、自分が歩んだ人生は無駄じゃなかったんだって思えます。

もうひとつは、同期で事務所に入って、ユニットでもずっと一緒に活動してきた伊藤美来(みく)と出会えたこと。10年間を振り返ると、常に何かしらの思い出の隣に美来がいるんですよ。特にギクシャクとかバチバチすることもなく、姉妹っていうよりもはや兄弟のような関係です(笑)。そんな人と出会えたことは、本当によかったなって思います。

――すてきな関係ですね。最後に、そんな10周年イヤーとなる2022年をどんな年にしたいか、漢字1文字で表してください!

豊田 年末に聞かれがちな今年の漢字を最初に聞く、珍しいパターン(笑)。そうですね......じゃあ「咲」で! この10年で地道にまいてきた種が、ひとつでも咲いて花になってくれたらいいなって。すでにワクワクするお仕事も決まっていたりするので、皆さん楽しみにしていてくださいね!

(スタイリング/八杉直美 ヘア&メイク/伊佐千秋) 

●豊田萌絵(とよた・もえ) 
3月15日生まれ 茨城県出身 身長152cm 
○2012年に声優デビュー。声優ユニット・Pyxisとしても活動中。『ヴァイナル・ミュージック〜歌謡曲2.0〜』(文化放送)毎週火曜のパーソナリティを務める。2月10日(木)〜13日(日)にCBGKシブゲキ!!にて開催予定の演劇ユニット【爆走おとな小学生】第十四回課外授業『タツノオトシゴ』に出演。また、ヴィレッジヴァンガード×豊田萌絵のコラボグッズが2月6日(日)まで予約受付中。
公式Twitter&Instagram【@toyotamoe】

取材・文/筒井優太 撮影/藤原 宏

関連記事(外部サイト)