外見と中身のギャップが激しい小動物系アイドルの一宮ゆい「前世はたぶんカエルかお化け屋敷の店員さんだったと思います!」

一宮01.jpg

洗練されたビジュアルとエモさあふれる楽曲でライブアイドルシーンをにぎわすアイドルグループ・群青の世界で、センターを務める一宮(いちみや)ゆいが1月31日(月)発売『週刊プレイボーイ7号』のグラビアに登場。小動物のような愛くるしさが魅力の彼女と、青春を巡る旅に出かけよう。

* * *

■見た目が普通の人のほうが実は......って

――初のソロ水着グラビアに挑戦しました!

一宮 全世界に向けて"脇"を見せるなんてしたことないから、出来上がった写真を見て、うわーってなりました(笑)。思い描いていたようにポーズが取れなくて難しかったんですけど、撮影はすごく楽しかったので、機会があったらまたやりたいです!

あと、睡眠不足だったのが本当に悔しい......。前日の夜は、1時間寝たかどうかくらいなんです。来栖りん(26時のマスカレイド)さんや小嶋陽菜さんのグラビアのメーキング動画や画像をずっと見ていて。寝ようとしても、不安になってまた見だすっていう繰り返しで。

――それだけ意気込んでいたと。

一宮 はい! グループの名前を背負って出るわけだから、「ちゃんとしなきゃ!」と思ってました。

――所属する5人組アイドル「群青の世界」はどんなグループ?

一宮 世界観を大事にしていて、"青春"を思い出してもらえるようなグループです。楽曲やライブを通して、人の強さも弱さも表現して、日々の不安や不満に「大丈夫だよ」って手を差し伸べるような、共感性の高いグループだと思っています。あと、メンバーみんな食いしん坊です(笑)。

――公式Twitterを見ていると、牛丼をよく食べていますよね。

一宮 はい、私が(笑)。ひとり暮らしをするようになってから、カップ麺やコンビニ弁当はちょっと気が引けるから、自炊するか、牛丼を食べるようにしていて。

――ひいきの牛丼チェーン店は?

一宮 お肉の味は吉野家が好きなんですけど、すき家にしかないおろしポン酢も好きなので、すき家のおろしポン酢を吉野家に移行してもらいたい(笑)。そうすると自分の好みの牛丼になります!

――生卵で我慢しましょう。

一宮 生卵は生命を感じちゃって苦手なんですよ〜(笑)。なので、おろしポン酢の代わりに紅生姜2袋で我慢しています。

――群青の世界に入った経緯を教えてください。

一宮 高校の遠足でディズニーランドへ行って、そのときの写真をインスタに投稿したら、プロデューサーが「#ディズニーランド」で私を見つけて、DMを送ってきたんです。「(新しく結成するグループの)オーディションを受けませんか?」って。

詐欺じゃないかと思ったんですけど(笑)、行ってみないとわからないじゃないですか。それで、ある日仲良しな友達と昼休みに学校を抜け出して、ファストフード店で「実は私、アイドルやりたいんだよね」って打ち明けたんです。そしたら、その友達も「え、私も!」ってなって、一緒に受けに行きました(笑)。その友達っていうのが、今一緒に活動しているメンバーの工藤みかなんですよ。

――そんなことがあるんですね! 一宮さんは自分のことをどんな人間だと思っています?

一宮 被害妄想が激しいくせに、どこか冷めたところがあるんですよ。今、私が急に錯乱したら、周りにいる人たちはあたふたするんだろうなとか、よく考えちゃいます。絶対にやっちゃいけないことをやってみたい欲にかられるというか(苦笑)。

たぶん私、何回も転生していて、前世の記憶が無意識にあるから、人生に飽き飽きしているんだと思うんですよねぇ。

――前世はなんだったと?

一宮 たぶんカエルです! バジェットガエルっていうカエルのことがかわいくて仕方がないから、そうだったのかなって。

それか、お化け屋敷の店員さん。私、お化けが怖くて嫌いなんですよ。たぶん前世でお化け屋敷のお化け役を飽きるくらいずっとしていたから、そのせいでお化けが嫌いになったんだと思います。

――清純な見た目とはギャップのあるキャラをお持ちですね......。

一宮 見た目が普通の人のほうが実は......って言うじゃないですか。つまり、そういうことですよね!

(スタイリング/MELON ヘア&メイク/ムロゾノケイト[GiGGLE]) 

●一宮ゆい 
8月30日生まれ 身長151cm 
○アイドルグループ・群青の世界のメンバー。コンセプトは「忘れられない青い春を。」2月11日(金・祝)の福岡DRUM SONを皮切りに、全国6ヵ所を回るツアー「High five」を開催予定。
公式Twitter【@yui_ichimiya】 
公式TikTok【@yui_ichimiya0830】

取材・文/小畠良一 撮影/佐藤佑一

関連記事(外部サイト)