RIZINガール2021のメンバーとして人気の山本ゆう「ファンの方には『よしよしされたい』ってよく言われます(笑)」

山本01.jpg

3月14日(月)発売『週刊プレイボーイ13号』のグラビアでは、グラビア界きってのショートカット美女、山本ゆうとドライブデート。高鳴るエンジン音、広がる景色。胸の鼓動とともに、妄想は一気に加速する。

* * *

■美麗なフォルムのロケットHカップ!

――約2年ぶりとなる週プレでの撮り下ろしはどうでした?

山本 めちゃくちゃ楽しかったです! 私、本格的なグラビアやイメージDVDの撮影を1年くらいお休みしていたんですよ。久々の撮影ということもあって、すごくテンションが上がりました?

――なんで休んでたの?

山本 去年はお芝居をしたり、総合格闘技「RIZIN」のマスコットガールをやったりと、新しいことにたくさん挑戦したので。

――「RIZINガール」は、めっちゃ話題になったね。

山本 ありがたいですね。RIZINガールをきっかけにファンになってくれた方がけっこういるんですよ。SNSのフォロワーも2万人くらい増えました。

――すごい! 体はいい感じにシェイプアップされましたね。

山本 食事制限とお酒を控えているので(笑)。

――痩せてもHカップは健在なのでひと安心。でも、その大きさで美麗な形を保ってるのって、奇跡のロケットおっぱいです!

山本 ありがとうございます? でも、重力には気をつけなきゃいけないので、家では胸筋を鍛えるストレッチをしてるんです。

――おっぱいエピソードはある?

山本 髪型もそうですけど、普段は服装もボーイッシュな感じが多いんですね。特に冬場はアウターを着たら、バストの様子がわからないじゃないですか。それで、私が上着を脱ぐと、えっ!ってビックリされることが多くて(笑)。

――目に浮かぶ〜。

山本 あとは、友達とご飯を食べに行ってテーブル席に座るじゃないですか。すると、ちょうど置けるというか、無意識に"置き乳"をしちゃうんです。友達には「わざとやってるのか」って怒られるんですけど(笑)。

――無意識に置くってことは、やっぱり重たいんだ。

山本 そうですね。置いたらめちゃくちゃラクです。

――そうそう、撮影は2月だったのに、うっすらと日焼け跡が残ってるね。

山本 そうなんです。実は私、釣りが大好きで、去年の春から夏にかけてめちゃくちゃ行ってたんですよ。漁船で行くんですけど、ヘンな日焼け跡がつくのがいやなので水着になって釣ってたんです。そしたら真っ黒になっちゃって。仕事にも支障が出るくらい(笑)。

――ハハハハ。

山本 今はやっと落ち着いてきたんですけど、その名残が少しだけある感じです。

――ショートカットはいつから?

山本 上京してすぐの19歳のときです。ショートカットの篠崎こころちゃんを見て、めちゃくちゃかわいいなって。それで私もまねしようと、胸まであった髪をバッサリ切りました。

――でも、ゆうちゃんってグラビア界にはあまりいないタイプだよね。ショートカットで、恵体で、バブみが強いっていう。

山本 バブみ! 確かに、ファンの方には「よしよしされたい」ってよく言われます(笑)。

――まだ24歳なのに、あふれ出る母性がハンパない感じ。

山本 「母性がある」って言われるのはまだいいんですけど、ひどいときは「所帯じみてる」とか言われますからね(笑)。年齢も30代に見られることもあるし。

――で、ゆうちゃんといえばデザインニップレス!

山本 うふふふっ。確かに、DVDではよくやってると思います。ひとつの作品で2バージョンつけたこともあったくらい。

――フリーダムな状態でも立体的なロケットHカップだからこそ似合うんだよね。

山本 うれしいです?

――今後の抱負は?

山本 去年はお芝居やRIZINガールとか、新しいことに挑戦した一年だったんですが、今年はひとつひとつの質を高める年にしたいです。すべてのジャンルをレベルアップさせたいですね。

(スタイリング/上野 珠 ヘア&メイク/萩村千紗子) 

●山本ゆう 
1998年1月19日生まれ 長野県出身 
身長160cm B95 W60 H90 
特技=楽器演奏(ドラム、カバサ) 
○RIZINガール2021のメンバーとして、ラウンドガールなど幅広く活動中。出演した映画『TURNING POINT』が4月9日(土)、10日(日)にユナイテッド・シネマ アクアシティお台場で上映予定。
公式Twitter【@n_Yuu_n】 
公式Instagram【@yuu.y0119】

取材・文/浜野きよぞう 撮影/小塚毅之

関連記事(外部サイト)