AKB48チームB新キャプテン浅井七海「可愛いだけじゃないところも見せたい!」

前列左から浅井七海、大盛真歩、坂口渚沙、徳永羚海。後列左から左伴彩佳、佐藤美波、稲垣香織、石綿星南

AKB48チームBメンバーによる、およそ4年ぶりとなる新公演『アイドルの夜明け』が4月29日よりスタート。東京・秋葉原のAKB48劇場でゲネプロが行なわれ、新キャプテンの浅井七海、坂口渚沙、大盛真歩、徳永羚海、左伴彩佳、佐藤美波、稲垣香織、石綿星南の8人が登場した。

『アイドルの夜明け』公演の初演は2009年。渡辺麻友や指原莉乃、柏木由紀らが所属した当時のチームBのために書き下ろされ、その後、2014年〜2015年には峯岸みなみがキャプテンを務めたチーム4でも再演された。曲はヤンキー風の『拳の正義』、コスプレ姿で陽気に踊る『天国野郎』、セクシーさ全開の『口移しのチョコレート』など、さまざまな表現力が求められるセットリストだ。

『拳の正義』は特攻服イメージの衣装
浅井はこの公演を選んだ理由について「メンバーを見た時にすごく似合いそうなだなと。ユニットもこのコにこれやってほしいなっていうのが、すらっと思いついたので、迷いもせず選びました」と話す。

また初日公演には参加しなかったが、同じチームの柏木について「ここはこうだよとか教えてもらったり、フリをどっちに揃えたら良いかを相談したり。オジリナルを忠実にやっていきたいって思いで、いっぱい聞きました」と語った。また左伴は「見せ方がすごい上手。ひとつひとつの動作や表情とか、ゆきりんさんからたくさん吸収していきたい」と話した。

AKB48に加入して初めての公演となる徳永は「不安もあったんですけど、先輩が教えてくださって、初日を迎えることができた」と語り、「初めての自分のオリジナル衣装がめちゃめちゃ可愛くて、ひとりひとり違う形だからお気に入り」と嬉しそう。

4年ぶりにチームBメンバーとなった坂口は「あの時はあまり前に出れなかったという後悔をめっちゃしていて。今回は年齢の近いメンバーがいたり、頼りになる先輩もいるので楽しみ」と話す。また徳永については「顔がめっちゃ可愛くて。先輩として笑顔をたくさん引き出せるように頑張ります」と答えた。

『残念少女』を歌う坂口渚沙と徳永羚海、稲垣香織

以前よりチームBにいる大盛は旧チームとの違いについて「着替えるとか、ご飯を食べるとかのスピードが違う。前のチームBは、ほのぼのした日常のような空気に包まれていたけど、浅井チームBはしゃきしゃきしていて、今後、どうなっていくのがめちゃめちゃ楽しみ」と話した。

どんなチームにしたいか聞かれた浅井は「チームBといえば昔からアイドルって印象あると思うんですけど、それにぴったりなメンバーが集まっていて、一番チームBが可愛いねって、言ってもらいたいですけど。可愛いだけじゃないんだぞってところも、幅広く表現としても見せていけるようなチームにしたい」と答えた。

次は5月11日(水)に、向井地美音が新キャプテンのチームA新公演が行われる。

『タンポポの決心』を歌い、笑顔で手を振るメンバーたち

取材・文・撮影/関根弘康

関連記事(外部サイト)