注目の若手声優・ペイトン尚未「私を通してアニメを好きになっていただけたら最高です」【バイバイ、制服。卒業写真】

_X1A4753.jpg
この春、高校を卒業した8名の"最後の制服"姿を卒業前に撮り下ろし。女優、アイドル、インフルエンサー、声優、お天気キャスター、ギャルモデル、キックボクサー、それぞれのジャンルで活躍する彼女たちに学生時代の思い出や卒業後の目標などについて語ってもらった。

今回は、アニメ『ラブライブ!スーパースター!!』で平安名(へあんな)すみれ役を務める注目の若手声優・ペイトン尚未さん。高校在学中に同作の声優に抜擢(ばってき)されたことが、自身のターニングポイントになったという。

「『ラブライブ!スーパースター!!』が私の人生を180度変えてくれました。勉強も運動もそんなに得意ではなかった私に誇れるものができたんです。役が決まった時は、すごくうれしくて涙がでてしまいましたね。夢が叶ったというか、むしろ叶い過ぎて逆にちょっと不安になってしまったくらいです(笑)。これからも、期待に応えられるように頑張りたいって思います」

すみれ役の声を務めるのに加え、作中内のスクールアイドルグループ『Liella!(リエラ)』のメンバーとしてライブも全国で公演。仕事と学業の両立は大変だったのでは?

「時間がなくて電車の中で勉強したり、学業と声優のお仕事の両立は大変だったけど、私にとっては、それも青春なんです。電車の中で勉強していたら、おばあちゃんに『なにしてるの?』って声をかけていただいたのは、いい思い出ですね!(笑)」

そんな彼女が実際に通っていた高校では、文芸部に所属。その活動はとても楽しかったという。

「先輩も優しかったし、マンガやアニメのことが大好きなオタクが多かったので、居心地がとてもよかったです。いつも話が盛り上がっていました!

文芸部の活動としては、小説を書いたりしていて、文化祭では先輩たちが書いた小説や自分の書いた小説をひとつの本にまとめて配布したりしていました」

_X1A4652.jpg

声優として活動を始める前は、アイドルとしても活躍していた彼女。文芸部で書いた小説は、その経験を活かした。

「私は自分の経験してきたものを書きたかったので、高校2年生の時にアイドルものを書きました。ただ、アイドルものといっても、きらびやかな感じではなく、地下のアイドルの奮闘を描いていましたね(笑)。実は、小説の第一章は私のブログで公開していたりもするので、よかったら見てみてください!」

声優デビューして2年。サクセスストーリーを歩み始めた彼女がこれから目指すものとは?

「第一線で活躍されている先輩の声優さんたちの演技を見させていただくと、どんどん『私もあんな風に演技ができるようになりたい!』って思えてくるんです。演技に限界はないと思うので、つねに自分の限界を突破して理想を追求していきたいです。

声優として、応援していただいてる方に恩返しをしたいし、楽しんでいただきたい。そして、私を通してもっとアニメを好きになっていただけたら最高ですね」

(スタイリング/米丸友子 ヘア&メイク/尾古夢月(GiGGLE))

_X1A4608.jpg

●ペイトン尚未(ぺいとん・なおみ)
2003年7月1日生まれ、埼玉県出身。身長158p 
〇2021年放送のテレビアニメ『ラブライブ!スーパースター!!』で平安名(へあんな)すみれ役を演じ話題に。また、『ラブライブ!スーパースター!!』の2期が7月よりEテレで放送開始予定。
公式Instagram【@_naomi_payton_】
公式Twitter【@_Naomi_Payton_】

取材・文/小渕翔 撮影/鈴木大喜

関連記事(外部サイト)