AKB48・田口愛佳が初水着「キラキラしたメンバーになりたい」

田口01.jpg

AKB48の59thシングル『元カレです』で念願の初選抜! さらに新体制のチームKでキャプテンに就任!! 今、一番キている田口愛佳(たぐち・まなか)が、5月16日(月)発売『週刊プレイボーイ22号』のグラビアで水着に初挑戦!!!

* * *

■母親に土下座してオーディション応募

――初めての水着グラビアはいかがでしたか?

田口 AKB48に入って今年で6年目なんですが、ソロでの撮影はほとんどなかったので、新鮮で楽しかったです。もっと緊張するかなと思ったんですけど、現場の雰囲気もすごく温かくて、スッと始まってスッと終わりましたね。

――やる前に誰かに相談した?

田口 同期の鈴木くるみちゃんが1個下で、前からふたりで初グラビアをやろうって話してたんです。なので相談したら「くるみを置いて、愛佳ちゃんは先に行くんだね」って(笑)。だから、いつかくるるん(鈴木)とグラビアの撮影ができたらいいなと。

――なぜAKB48に入ったの?

田口 小さい頃からAKB48が好きで握手会や劇場公演に行ってました。みんなかわいくて、キラキラしていて、この人たちはアイドルになるために生まれてきたんだろうなと。

私も興味があって、NGT48やHKT48のオーディションを受けたんですけど書類落ちで。中1の夏にAKB48のオーディションがあって。お母さんから反対されたんですけど、応募締め切り1時間前に「AKB48がやりたい」って土下座して。書類を送ったら、運良く合格しました。

――土下座の熱量が審査員にも届いたんだと思います。田口さんはどんなキャラなの?

田口 昔は毒舌キャラで、バラエティ番組では先輩に対して、「面白くない」とか、「かわいくないですね」とか言ってました。でも、もともと部活とか上下関係きっちりな場所で生きてきたので、うまい毒を吐くのが難しくて(笑)。

――今ではそのキャラも封印して、先日スタートした新チームKのキャプテンに任命されました。

田口 最初に聞いたときはびっくりして頭が真っ白になりました。同期のなーみん(チームBキャプテン浅井七海)は昔からまとめ役を任されることが多いので適任だと思ってたんですけど、私は気になることがあれば意見を言うぐらいで、キャプテンになるような人間じゃないと思っていたので。

――どんなキャプテンになりたいですか?

田口 昔から横山由依さんに憧れて、よくかわいがってもらってたんです。卒業公演ではみんなが号泣するぐらい慕われていて、私もそんな人になれたらいいなと。

――新曲『元カレです』では、初めて選抜メンバーに選ばれました。どうやって知ったの?

田口 リモート打ち合わせに参加したら、「お知らせがあります」って選抜発表の映像が流れました。おうちだったので、ポカンとしちゃって(笑)。前回のシングルはあと一歩に感じて、これで入らなきゃってプレッシャーがあったので、喜びは大きかったけど、やっと入れたという安堵(あんど)もありました。

――選抜メンバーでの活動はいかがですか?

田口 自分だけの衣装があったり、歌割りに自分の名前があるのを見るとうれしくなります。それと輝いて見えたメンバーと同じステージに立つことに喜びを覚えました。

――今後はどうしていきたい?

田口 去年あたりから、ミュージカルやグラビアだったり、新しい挑戦をたくさんさせていただいているので、なんにでも挑戦していろんなものを身につけたいです。キャプテンをやる上で、経験がないと相談されたときに何も言えないので。

それと6年離れた17期生が入ってきたので、お手本となるような人にならなきゃって。

――キャプテンですもんね。

田口 あとはダンスや歌のスキルをもっと上げたいです。フロントメンバーを見ると、パワフルさだったり、皆さん、内から出る自信をすごく感じるんです。

――小さい頃の田口さんが憧れたキラキラした人になれてますか?

田口 今はまだなれてる気がしないです。応援してくださってる皆さんに、そういう感情を持ってもらえるように頑張りたいです。

(スタイリング/MELON ヘア&メイク/円谷歩美) 

●田口愛佳(たぐち・まなか) 
2003年12月12日生まれ 神奈川県出身 
nickname=まなか AKB48 Team K所属 
○『AKB48、最近聞いた?~一緒になんかやってみませんか?~』(テレビ東京、毎週火曜25:35~)、『AKB48 サヨナラ毛利さん』(日本テレビ、毎週木曜24:59~)出演中。AKB48の59thシングル『元カレです』が5月18日(水)発売! 
公式Twitter【@48manaka_16】 
公式Instagram【@t_manaka.12】 
最新情報は公式ホームページをチェック!

取材・文/関根弘康 撮影/YOROKOBI

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?