AKB48・下尾みう「いつかは代表的な曲をいただけるメンバーに」

下尾01.jpg

AKB48の最新シングル『元カレです』で連続選抜メンバー入り。舞台出演など活躍の場をグループ外にも広げている下尾(したお)みうが、5月23日(月)発売『週刊プレイボーイ23号』のグラビアで美しすぎる愛されボディを披露。

* * *

■怒ることない平和主義者です

――ソロでは2回目の登場となりますが、いかがでしたか?

下尾 前回と同じカメラマンさんで、スタートから「変わったね」と言われました。さらに「いい女になったね」とまで言ってもらえて(笑)、そんなこと普段言われないのでうれしかったです。

――この1年で成長しましたか。

下尾 撮られる角度できれいに見えるかなとか、写りが悪くないかなとか、前よりも想像して動けるようになったと思います。ただ今回も「カメラを撮ってないときがかわいい」って言われて。そこは変わらずで残念でした(苦笑)。

――撮影現場はすごく和やかで穏やかな空気でしたよね。

下尾 私がほんわかしてるんで、それが皆さんに伝わったのかな。もともと平和主義で、何かあっても、この人はこういう考えなんだって思っちゃう。だから私が怒ったら相当です。

あっ、でも今回の撮影で「早くシャッターを押してください!」って、カメラマンさんに強く言っちゃいました。今撮ってほしいってときに、ニヤけてカメラを止めちゃうんですよ。

――下尾さんに仕事を忘れさせちゃうぐらいの魅力があったのかと......。最近、ハマってることは?

下尾 自粛期間からずっとポケモンを集めています。もともと収集癖があって、今はヤンチャム≠チてポケモンが推しで、戦いにすごく耐えてくれるんです。

――耐える系が好きなんだ。

下尾 推しがもう一匹いるんですけど、そのコも耐えてくれます。

――さすが平和主義です。そして新しいシングル『元カレです』が発売されました。

下尾 世界的に有名なGANMI(ガンミ)さんに振り付けをしていただきました。前回の『根も葉もRumor』を超えたいって練習してきたんですけど、とにかく難しかったです。

前回は初めてのロックダンスに挑戦で、全員でそろえるって明確な目標があったんですけど、今回はAKB48がやってきたダンスに近くて、さらに個々のオリジナリティが求められる。何が正解かわからなくて。でも大人なAKB48を見せるような楽曲で、私はセクシーのほうが得意分野だと思うので、頑張っていきたいです。

――最年長の柏木由紀さんはどうでした?

下尾 大変そうですが、ちゃんと踊ってます(笑)。フリ覚えはすごい早いし、見せ方が上手で、とても勉強になりますね。

――同期の倉野尾成美さんとYouTubeチャンネルを始めました。

下尾 もともとなる(倉野尾)がひとりでやっていたところに加わりました。基本的にはなるが企画や構成を考えて、スケジュールを決めたり、なるが社長だとしたら私は平社員みたいな感じで、主に動画の編集を担当しています。

――社長からダメ出しはあるの?

下尾 逆に感動してくれてます。「下尾ってこんなことできるんだ。すごいよー」って。だから頑張ろうって思います。

――いい上司ですね。先月21歳になりましたが、20歳を振り返ってどうでしたか?

下尾 今まで選抜に入れたり、雑誌に出させていただいたり、順調に良いことが増えていたんですけど、20歳は過去イチってぐらい幸せでした。選抜のフロントメンバーになったことで、歌番組のひな壇でトークができたり。テレビに出ると、山口の家族や韓国のファンの方も喜んでくれるんです。

――21歳はどうなりそう?

下尾 早速YouTubeを始めたり、止まらずに一歩一歩進めているかなって。でもいつかAKBの代表的な曲がいただけるメンバーになりたいです。あの曲といえばって、思ってもらえるような。

――どんな曲がいいですか?

下尾 書いていただけるならどんな曲でもうれしいです(笑)。カッコいい曲が合うかな? 平和な曲もいいし。でもそういった曲を無理してやるんじゃなくて、素のままで魅せられる人になりたいですね。

(スタイリング/牧野香子 ヘア&メイク/山下景子) 

●下尾みう 
2001年4月3日生まれ 山口県出身 
nickname=みう AKB48 Team8山口県代表/Team4 
○『AKB48、最近聞いた?〜一緒になんかやってみませんか?〜』(テレビ東京、毎週火曜25:35〜)、『AKB48 サヨナラ毛利さん』(日本テレビ、毎週木曜24:59〜)に出演中。AKB48 59thシングル『元カレです』が発売中! 
公式Twitter【@miumiu_0403】 
公式Instagram【@miumiu1343】 
公式YouTubeチャンネル『なるたおちゃんねる』 
最新情報は公式ホームページをチェック!

取材・文/関根弘康 撮影/細居幸次郎

関連記事(外部サイト)