真田まこと、柔らかすぎる95cm・Iカップの暴れ乳=uたとえるなら、わらび餅の感触です」

真田01.jpg

人気急上昇中の現役看護師グラドル・真田(さなだ)まことが、5月23日(月)発売『週刊プレイボーイ23号』のグラビアに登場。ダイナミックなボディとミスマッチな小顔のマリアージュは必見。柔ホワIカップが終始大変なことに!

* * *

■クールに見えて「M寄りです」

――今回が週プレ初グラビア。現役看護師として働きながら、なぜグラビアに?

真田 もともと芸能のお仕事に興味があって、学生時代は歌を習って、オーディションを受けたりしていたんですけど、1次審査を通っても2次審査に行けないという謎の現象を繰り返していて。

――どうして?

真田 自分に自信がなさすぎたんです。それで看護師になったんですが、去年スカウトしていただいたのをきっかけに、やっぱりまたチャレンジしたいなと思って。

――グラビアに興味はあったの?

真田 はい。人より胸が大きいのを何かに生かせないかなというのは心のどこかにありました。

――実際にやってみてどうだった?

真田 衣装は想像していたよりも面積が小さいんだなって(笑)。でも、SNSやライブ配信とかもやっていて、グラビアを見てくださるファンの方から反響をいただけるのはうれしいです。

――胸が大きいといえば、今回の撮影でもちょっとしたハプニングがあったよね。

真田 衣装合わせの段階から胸が暴れてしまって、下着に収まりきらなくてスタイリストさんに迷惑をかけました(笑)。大きさもなんですけど、たぶん柔らかすぎるんだと思います。

――ちなみに何カップ?

真田 95のTカップです。

――その柔らかさを何かにたとえるとしたらどんな?

真田 わらび餅ですかね。水風船ほどの張りはないですけど、とにかく柔らかいです(笑)。

――実は今回の撮影のためにかなり体を絞ったんだよね?

真田 筋トレや有酸素運動でトータルで8kg落としました。

――8kgも落とすと、体感でもかなり変化あるのでは?

真田 体が軽くなったのを感じますし、おなかまわりやくびれも際立つようになってきて、服装も脚を出すものが多くなりました。

――撮影のときにボディコンのようなタイトなワンピースを着ていたけど、ドS感があふれ出ている感じがしてカッコよかったよ(笑)。

真田 ありがとうございます。普段はクールでいたいですけど、やっぱり特別な人の前では甘えたいなっていう願望もあって。なので自分ではちょっとM寄りかなって思ってます(笑)。

――Mなんだ! ヒールとかで男性を踏むのが似合いそうな雰囲気を感じたんだけど(笑)。

真田 相手に求められればやりますよ。でも、それも一種の尽くしというか、マゾ精神かなとも思うんです(笑)。

――現在は美容クリニック勤務と聞いたけど、もともと大学病院で手術室の看護師をやっていたんだって?

真田 はい。緊急のオペとか帝王切開とかある、けっこう忙しいところで働いていました。採血は得意で、「血管が出にくいんです」という患者さんでも、私、割と失敗しないので(笑)。

――どうして看護師に?

真田 人のために働きたいのと、あとは緊迫した空気の中に身を置きたいタイプなんですよね。

――今、プライベートでハマっていることは?

真田 もともとゴルフが大好きで、多いときで月8回ぐらいはラウンドを回っていました。ほぼ独学で、ベストスコアは95ですかね。あと最近はもっぱら筋トレにハマっていて、暇を見つけてはジムに通っています。やっぱり自分を追い込むのが好きみたいです(笑)。

――今後、グラビアでやってみたいシチュエーションは?

真田 歌うことが大好きなので、ステージ上とか、ライブハウスみたいなところで撮影してみたいなって思ってます。実はこの世界を目指したのは声優の水樹奈々さんがきっかけで、いつかはアニソンを歌えるグラドルを目指していきたいと思っています。応援してください!

(スタイリング/上野 珠 ヘア&メイク/新井祐美子) 

●真田まこと 
1994年12月28日生まれ 東京都出身 
身長167cm B95 W61 H95 
○現役看護師グラドル。2nd DVD『True Peach Angel』(ラインコミュニケーションズ)が6月20日(月)に発売予定。
公式Twitter【@mkt_sanada】 
公式Instagram【@sanada_mkt】

取材・文/西山麻美 撮影/西條彰仁

関連記事(外部サイト)