入社3年でレギュラー番組多数! TBS・野村彩也子アナへの期待と懸念

1997年9月25日生まれ、東京都出身。慶應義塾大学環境情報学部卒業後、2020年にTBSに入社。写真は「ミス慶應SFCコンテスト」に出場したときのもの
TBSの入社3年目、野村彩也子(さやこ)アナがマルチな活躍を見せている。

早朝に放送される『THE TIME'』の進行を務めるほか、『王様のブランチ』『よるのブランチ』『ラヴィット!』など、8本の番組を担当。なかでも深夜のお笑い番組『賞金奪い合いネタバトル ソウドリ〜』では、サヤ・ノムラとして、カラダを張って笑いを取る場面も。

「先輩の山本里菜アナと息の合ったかけ合いを見せ、時には芸人のネタにも挑戦。しかも、恥じらうことなく、真顔でネタを披露するので、逆にそれが笑いにつながっている。お父さまが狂言師の野村萬斎さんなので、舞台度胸がいいというか、どんなムチャぶりをされても、堂々とやってくれるので、スタッフからの信頼も厚い」(TBS関係者)

テレビで見るのと同様に、普段からおっとりした性格だという。

「いつもニコニコしていて、アナウンス部の妹的な存在。アナウンサーは個性的でクセの強い人が多いですが、彼女はその誰からもかわいがられるけうな存在なんです」(前出・関係者)

早くも人気アナの仲間入りを果たしているが、一方でこう懸念する声も。

「ストレスをため込むタイプで、ついつい食に走ってしまうのか、入社から10s太ったという話。田中みな実アナなど、TBSの歴代看板アナたちは毒っ気もあったので、いい子になって小さくまとまらなければいいんですが......」(放送作家)

今後の成長に期待したい。

関連記事(外部サイト)