『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』公開で安彦良和監督「標的は『トップガン』。自分が手伝った作画はだいたいヤバい(笑)」

(左から)安彦良和監督、廣原ふう、潘めぐみ、武内駿輔、古谷徹、古川登志夫、内田雄馬、森口博子
『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』の公開記念舞台挨拶が5日、都内で開催され、古谷徹、武内駿輔、古川登志夫、潘めぐみ、内田雄馬、廣原ふう、森口博子、安彦良和監督が登壇。安彦監督は、大ヒットへの感謝とともに大きな目標を掲げた。

今作は、『機動戦士ガンダム』の第15話「ククルス・ドアンの島」を映画化したもの。30分のアニメの1話を映画化することに加え、3月に行なわれた「ザクの日スペシャル会見」では、安彦監督自身が"作画崩壊"に言及するなど、公開前から話題となっていた。

Kukurusudoan03.jpg
主人公のアムロ・レイを演じる古谷は「まだ僕には帰れるところがあるんだ! こんなにうれしいことはない」という『機動戦士ガンダム』最終話の名言とともに、「15歳のアムロが帰ってきました! 43年経っているけれど、さらに『アムロ・レイ好きだな』と思えました。今回は素のアムロも丁寧に描いているので、より好きになっちゃうんですよね本当に感無量です」と喜びを表現。

そして感想が書き込まれたボードを見ると、「皆さんが映画をちゃんと受け止めてくれたと思うと、最高ですね。この映画はまさしく心が温かくなる作品。エンドロールも工夫があって素敵。そういったメッセージが伝わったんだと思います」と感慨深げに語った。

Kukurusudoan04.jpg
一方、ガンキャノンのパイロットでアムロと戦場で肩を並べるカイ・シデン役の古川は、「(古谷)徹ちゃんと僕が、ふたりでステージに立っていること自体がもう感動。この作品に参加できたことがものすごいことだなって思う」と今回の共演に感激。

さらに今作の感想を、「犠牲になるのは名もなき小さな者。ガンダムは常にそこに切り込んでいる。今回もそこをぎゅっと絞り込んでいるし、名作になったと思います」と明かした。

公開前からの話題作とあって、公開2日で来場者15万人突破、興行収入は約3億円となった『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』。

Kukurusudoan05.jpg
安彦監督は「標的は『トップガン』ですから(笑)。トム・クルーズを撃ち落として、やっと勝利と言えると思います」と笑いを交えて宣言しながらも、「アニメーター時代に数字で非常に辛い経験もありました。本当に良い仕事をいただきました」と感謝を込めた。

また、安彦監督は「なまじ(画が)描けるもんだから」と「爆発の作画を手伝った」そう。普段とは違い珍しく「今日はスクリーンで作品を見させてもらいました」という安彦監督は、「やっぱり作り手なので大きなスクリーンで見ると、ここはNGだったな、もっとできたなと思うところが、だいたい自分が手伝ったところ」と、自身にダメ出し。

そして「そのシーンがだいたいヤバいんですよ。エフェクト監督(桝田浩史)に悪いことしたなと思います。声優さん、スタッフのプロ根性を見せてもらった作品です」と、一緒に作品を作った関係者に感謝を語るとともに、「自分では目につむったカットばかり目について、それでも皆さん、『良い』と言ってくれて、温かい方ばかりです」と観客を見つめた。

Kukurusudoan06.jpg
イベントの最後には「皆さんの笑顔を見て、声を聞くととても素晴らしい作品だったなと感じています。さらにたくさんの方々に観てもらいたいと、心から思っています」と古谷が挨拶。安彦監督も、今の世の中の状況での公開タイミングについて「何かの運命」と語るなど、今作への思いを吐露した。

取材・文/鯨井隆正

関連記事(外部サイト)