春のTGIF 週プレ賞・鈴原優美「『グランプリになったらこれを話そう!』って、妄想してたんです」

鈴原01.jpg

グラビアの祭典「春のTGIF週プレ賞」で圧倒的な得票でグランプリを獲得した鈴原優美(すずはら・ゆみ)が、6月20日(月)発売『週刊プレイボーイ27号』に登場。ガールズバンド「82回目の終身刑」でファンを虜にする彼女の、念願の初グラビア。

* * *

■マネジャーさんからは心配されるんですけど

――「TOKYO GRAVURE IDOL FESTIVAL」と週プレが行なった「春のTGIF 週プレ賞2022」でグランプリを獲得した鈴原さん。念願の初撮り下ろしグラビアです!

鈴原 ありがとうございました! 憧れの撮り下ろし、右も左もわからない状態で臨んだんですけど。いろんなシチュエーションや衣装を用意してくださって、「プロの現場だ!」というのを肌で感じさせていただきました。

――受賞の発表にあたってスタッフからサプライズを受けたとか。

鈴原 びっくりでした(笑)。事務所に編集部の方が来てくださって、紙に書かれた質問に答えていく偽取材を受けたんです。最後に「グランプリは鈴原優美さんです」って書いてあって、読み上げながら泣いちゃいました。動画に残ってると思うんですけど、もう一回やり直したいです(笑)。

――それはまたどうして?

鈴原 自分の中で「グランプリになったらこれを話そう!」って、ヒーローインタビューみたいな、一応、妄想をしてたんですけど、それが、まったく話せずに、しかも泣き方も全然かわいくなくて!

――ではこの場で、あらためて受賞のコメントをお願いします。

鈴原 今回で3度目のエントリーで、最初は正直「10位に入れたら......」って思ってたんです。でも、ファンの方々は毎日投票を頑張ってくれて、いきなり6位からスタートできて。

ファンの皆さんに気持ちを引っ張ってもらいました。皆さんの応援なしでは獲(と)れなかったグランプリです! これからもまた、一緒にいろんな夢を叶(かな)えていきたいので、ずっと応援していてください。

――鈴原さんはファン思いというかうれしい距離感≠ナファンと交流していますよね。定期的に手料理を振る舞うイベントを行なっているのは、ちょっと意外でした。

鈴原 よく言われます(笑)。私が所属しているバンド「82回目の終身刑」のボーカルのコと一緒に暮らしてるんですけど、私は料理担当≠ネので。ファンの方はそれを知ってるから、ご飯を作るイベントをやったらみんなうれしいかなって。いつもリクエストをもらって献立を組んでます!

――ちなみに、得意料理は?

鈴原 麻婆豆腐とか回鍋肉とか、中華系ですね。一番得意なのは天津飯の餡作り! あんばいが難しいんですけど、むっちゃ研究しました。意外と家庭的なんです(笑)。

――意外といえば、今も「ちいかわ」のマスクを着けている鈴原さん、大のかわいいもの好きだとか。

鈴原 はい。キャラもののグッズや、ぬいぐるみが好きで。部屋にはベッドがぎゅうぎゅうになるくらいのぬいぐるみがいます。その全部がもし生き物だったら、部屋から酸素がなくなるくらい。

――独特な表現。まぁ、生き物だったら呼吸してますからね。

鈴原 マネジャーさんからは「いいかげんにしな」って言われるんですけど、私のところに来てくれたコたちだし、一生を添い遂げないといけないじゃないですか。

――もう生き物扱いなんですね。

鈴原 最近、ぬいぐるみ界隈(かいわい)では、小さいぬいぐるみを持ち歩くのがめちゃくちゃはやってて。私も小さい透明のポーチに何匹か入れて、それとお財布だけ持ってお出かけするんです。

――持ち物は実質お財布だけと(笑)。

鈴原 これも「大人やからやめて」って言われるんですけど、今が一番若いときやからやめません。かわいいものが好きな自分も、バンドでカッコつける自分も嘘じゃないですし。いろんな私がいて、それをすべて見ていただけるのって、すごく幸せだと思うんです。

――確かに。クール寄りの見た目や活動と、家庭的でちょっと変わった中身......いいギャップですね!

鈴原 ありがとうございます(笑)。どれか少しでも気になった方がいたら、ぜひライブハウスに遊びに来てください!

(スタイリング/八杉直美 ヘア&メイク/円谷歩美) 

●鈴原優美(すずはら・ゆみ) 
8月2日生まれ 京都府出身 
身長160cm B88 W60 H86 
血液型=O型 nickname=ゆぅみん 
◯"牢獄発囚人ガールズバンド"「82回目の終身刑」マニピュレーター担当。8大都市ツアー「囚人達の逃亡劇」を開催中。次回のライブは6月25日(土)福岡INSA。
公式Twitter【@youminszsz】 
公式Instagram【@suzuharayumi】

鈴原優美デジタル写真集『共犯関係』 撮影/藤本和典 価格/1100円(税込)

取材・文/アオキユウ(short cut) 撮影/藤本和典

関連記事(外部サイト)