ショートカットに大胆イメージチェンジした工藤美桜「お芝居も情報番組も、悔しい気持ちがあるとより頑張れるんです」

kudo001.jpg
好きにならないわけがない――。

6月27日(月)発売『週刊プレイボーイ28号』の表紙&巻頭グラビアに工藤美桜が登場。可憐でマジメ。日々、一生懸命な女優が語る胸の内。

■来世はホタルに生まれ変わりたい

――東京の離島・八丈島で1泊2日。いろんな奇跡が起こったロケでした。

工藤 島に着いて、ホテルでメイクをしていたらいきなりですからね。「クジラがいる!」って。もしかしたらチャンスはあるかもと聞いてはいましたけど、まさかですよ。

――幸先のいいスタートで。

工藤 最初の撮影場所は緑に囲まれた滝で、マイナスイオンをしっかり浴びて、幸せな気持ちになりましたね。同時に、このロケをやり切るぞって気合いが入りました。梅雨どきなのにずっと太陽が出ていて、海に沈む夕景もすてきすぎて。ジャケットを羽織ってカッコよく撮影してもらったんですけど、あのイメージは前にも週プレさんでありましたよね?

――よくお気づきで。2021年2月1日発売号の表紙カットが同じイメージでした。工藤さんの週プレ初表紙です。

工藤 今回はちょっと男っぽいというか、ワイルドな感じで、あのときとはまた違う雰囲気が伝わるはずです。そもそも、今回の撮影テーマは「少年感と少女感」。今度出演するドラマの関係でショートカットにしたので、自分的にはピッタリのテーマだと思いました。私、「男顔だね」ってよく言われるので、ボーイッシュな見た目には少しだけ自信があったんです。

――逆に、少女感を強く意識したカットは?

工藤 白いワンピースを着て、山の上で撮影したシーンが印象深いです。ジブリの曲を流しながら麦わら帽子を飛ばしたり、草の上に寝そべったり。少女の理想がすべて詰まっているようなシチュエーションで、すっごい楽しかったです。

――実際の工藤さん自身にある少年感と少女感を、それぞれ教えてください。

工藤 どうだろう? 少年感というなら、虫を全然気にしないところですかね。例えば、フナムシだらけの岩場をはだしで歩いても平気ですから。少女感はもう、大人になりきれないそのままの私です(笑)。いまだにキャラクターものにときめいて、ぬいぐるみを見つけると父と母に当てはめて3つ買っちゃいます。最近は、ちいかわとぺろっち、すみっコぐらしが大好きですね。

――初日の撮影後には、運よくホタルを見る機会もありました。

工藤 これも奇跡ですね。あんなにいっぱいホタルを見たのは初めて。幻想的でフワフワしていて、はかなさを感じました。ホタルは夜、発光するまで一日中ずっと寝ているみたいです。コーディネーターさんからその話を聞いて、来世はホタルに生まれ変わりたいって本気で思いました(笑)。

■ファン待望の母カメラ写真集?

――『魔進戦隊キラメイジャー』(テレビ朝日)への出演後、女優活動が切れ目なく続いています。

工藤 ありがたいことに、昔からこうなりたいと思い続けた理想にだんだん近づけています。特に『TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』(TBS)に出演させてもらったのは大きかったですね。

――「死者は、ゼロです!」というせりふが話題になりました。

工藤 ドラマの影響力を実感しましたし、素直にうれしかったです。以前の取材でもお話ししましたが、心が折れてこの世界を諦めるしかない、もうやめようって決意したことが何度もあります。でも、続けたからこそ役をもらえていますし、また次の作品と向き合うことができる。そんな幸せな状況に感謝を忘れないで、ひとつひとつのお仕事をやり切りたいと思わせてくれる貴重な経験になりました。

――今回も早朝、待ち合わせの羽田空港で台本を広げる工藤さんの姿が印象的でした。

工藤 役のために髪も切りましたし、これまでにないハイテンションな役柄なのでしっかり準備して現場に臨みたいです。『彼女、お借りします』(講談社)というマンガが原作のドラマで、私が演じる更さら科しな瑠る夏かは真っすぐに感情を表現する、猪突猛進な女のコ。自分とは真逆のタイプなので、自然とそのテンションまで気持ちをもっていけるようになればいいですね。

――今春からは『ポップUP!』(フジテレビ系)のレギュラーとしても活躍中です。初の情報番組はどうですか?

工藤 闘いです。私自身、おしゃべりが得意ではないですし、生放送でトークに割って入る勇気もまだまだ。だから毎回、「難しい!」って気持ちで反省ノートを書いています。

――仕事に取り組む姿勢が、本当にマジメですよね。

工藤 お芝居も情報番組も、悔しい気持ちがあるとより頑張れるんです。もちろん悩んで落ち込むこともありますけど、できなかった悔しさが原動力になっているのかもしれません。とにかく今はどんなお仕事にも全力投球です。

――そんな忙しい毎日の息抜きは?

工藤 最近、ふと思い立ってフィルムカメラを始めたんですよ。中古のカメラを買って、現像やデータ化も自分でやるようにして。そうしたら母もやる気を出して、私を撮ってくれるんです。「フォト by 母」ってSNSに上げたらすごく反応が良くて。

――いずれ「母カメラ」の写真集が出るかもしれませんね。

工藤 「私が撮ったのはみんな好きなのよ〜」ってノリノリですからね(笑)。ぜひ、今後も母カメラに注目してください。

■工藤美桜(Mio KUDO)
1999年10月8日生まれ 東京都出身
身長165p 特技=日本舞踊
〇7月2日放送スタートのドラマ『彼女、お借りします』(ABCテレビ・テレビ朝日)に更科瑠夏役で出演予定。現在、『ポップUP!』(フジテレビ系)の月曜レギュラー、ファッション誌『with』のレギュラーモデルとして活躍中です。最新情報は各SNSまで!
公式Twitter【@p_miokudo】
公式Instagram【@mmio_kudo】

撮影/岡本武志

関連記事(外部サイト)