Task have Funの熊澤風花が自身の写真集を語る「初めに『ヒロイン』と聞いたときは、『朝ドラ』しか思い浮かばなかったですね(笑)」

KHQY0741.jpg
アイドルグループ「Task have Fun(タスク・ハブ・ファン)」のセンター・熊澤風花が、『週刊プレイボーイ』の公式YouTubeチャンネルの『デジタル写真集、本人が語ってみた!』に登場した。

『本人が語ってみた!』は、人気女優やタレント、アイドルが、自身のデジタル写真集について撮影エピソードを織り交ぜながら解説するプログラム。熊澤はデジタル写真集『ヒロインは終わらない』について語っている。
本インタビューでは、動画に収録しきれなかった制作裏話やグラビアへの思いなどを聞いた。

* * *

――『語ってみた』の収録、お疲れさまでした。トークがお上手で、とても引き込まれましたよ。

熊澤 ありがとうございます! アイドルとしてデビューする前に、1年ほどレッスン期間があって、歌やダンスのほか、MCレッスンというのを受けていたんですよ。出されたお題について3分間トークをしたり、早口言葉を練習したり。もしかしたら、そのときの練習の成果が出たのかもしれないですね。

――そんなレッスンがあるんですね。

熊澤 当時、まだ中学生だった私からすれば、難しいレッスンだったんですけど、今思うと、あのとき頑張っていて本当に良かったです。フリートークを振られて困ったことも、そんなにないですしね。

――頼もしい! 動画では、そのお得意のトークで自身のデジタル写真集『ヒロインは終わらない』について語ってもらいました。いかがでしたか?

熊澤 自分のグラビアについてトークをしたのは、今回が初めてでした。お気に入りのカットや撮影中のエピソードなど、普段なかなかお伝えできないことをお話しできたので良かったです。

――お話を聞いた感じ、スゴく楽しい現場だったみたいですね。

熊澤 はい! とても楽しかったです。中高生のときは人見知りしちゃって現場のスタッフさんと打ち解けるのに、かなり時間がかかっていたんですよ。それこそ、3年半前に初めて週プレさんで撮り下ろしをしてもらったときは、1泊2日の泊まりロケだったにもかかわらず、緊張しまくりで、ずっとカチコチでした(笑)。でも今回は、朝から夕方にかけての短い撮影時間のなかで、スタッフさんたちといろんなお話ができました。当然、思い出もたっぷりです。

――おぉ〜! 成長を感じますね。動画でも話していましたけど、撮影テーマの「ヒロイン」について、熊澤さんなりに考えたうえで撮影に臨んだそうじゃないですか。

KHQY0280.jpg
熊澤 そうなんです。1日かけて自分なりのヒロインをイメージして、現場入りしました。どんなヒロインをイメージしたかは、是非、動画でチェックしてもらえたらと思います。と、いろいろ言っていますけど、初めに「ヒロイン」と聞いたときは、「朝ドラ」しか思い浮かばなかったですね(笑)。

――それもヒロインに違いないけど(笑)。熊澤さんの"理想のヒロイン"というと?

熊澤 女優の福原遥さん。子役をされていた頃からずっと大好きなんです。子どものときなんて、『まいんちゃん(福原遥が出演していた料理アニメ『クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!』)』を観るために急いで家に帰っていたくらい(笑)。最近も、出演ドラマは必ずチェックしています。かわいくて、謙虚で、何事にも全力で。憧れの存在ですね。

――福原さん、子役の頃から変わらない透明感がありますよね。それでいうと、熊澤さんもデビュー6年目にしてお変わりないですよね。ずっと黒髪ボブですし。

熊澤 あはは。6年間、黒髪ボブで活動していますからね。アイドルとして活動している以上、見た目の印象は大事だし、これからも貫いていくつもりですよ。たまーに、ロングにしたくなる瞬間もありますけど......。女のコとして明るい髪色に憧れることはあるけど、やっぱり私は黒髪ボブがいちばんしっくりきますね。今後も変える予定はないと思っていてください(笑)。

――6年間、同じ髪型ってなかなかできることじゃないですよ。そのブレなさ、カッコいいです。アイドルとして、そこまで突き抜けられるモチベーションはどこにあるんでしょう?

熊澤 アイドル活動が大好きだから、ですね。ステージに立って、歌って踊っている時間が何より幸せだから、自分の理想のアイドル像を守り続けていたいって思うんです。それに、応援してくださるファンの方の力ってスゴいんですよ。どんなに落ち込んでいたとしても、コンサートでファンの声援を聞いたり、SNSでコメントをいただいたりするだけで、元気がもらえるんです。だからそのお返しじゃないけど、ファンの方に喜んでもらうための努力は惜しみません!

――プロですね。個人的なイメージでは、熊澤さんって、いつまでも夢を見せ続けてくれるアイドルなんですよ。いつ見ても、変わらぬ笑顔を見せてくれる安心感があるというか。実際にお会いしても、キラキラなオーラを感じますし。ちょっと感動しました。

熊澤 えーっ、本当ですか? うれしいです。ファンの方にそう思っていただけるのが私の理想なので。まぁ、家では全然キラキラしていないですけどね。お仕事の現場に行くと、自然とスイッチが入っているだけで(笑)。

――それだけで十分スゴいですよ!ちなみに、家ではどんな感じなんです?

熊澤 スルメばっかり食べています(笑)。普通、アイドルだったら「イチゴが好き♪」とか答えるじゃないですか。でも実は私、イカとか枝豆とか、おつまみ系のおやつが大好きなんですよね。

――先ほど『語ってみた』と一緒に収録した『1min. 自己紹介チャレンジ!』では、「高級なマカロンがご馳走」って言っていたじゃないですか!

熊澤 マカロンはご馳走なので! さすがに頻繁には食べられないですよ。基本は、150円で買えるスルメで満足しちゃっています(笑)。

KHQY0461.jpg
――熊澤さん、今年の7月で20歳になるじゃないですか。それだけおつまみ系のおやつが好きなら、結構お酒も飲むようになるんじゃないですか?

熊澤 かもしれないですね。両親もグイグイ飲むタイプだし、家系的には強いはずです(笑)。それに、お酒が飲めるようになるの、結構楽しみなんですよね。これまでは、お仕事の打ち上げに行っても、スタッフのみなさんがお酒を飲んでワイワイしている場に参加できなかったから。あともうちょっとで大人の仲間入りです。われながら成長を感じますね。

――最初に飲んでみたいお酒とかあります?

熊澤 気になっているのはワイン。辛口と甘口があるらしいじゃないですか。何が辛くて、何が甘いの? 一体、どんな味がするんだろう? って、密かに興味を抱いています。おしゃれなバーでワインを飲んでいるドラマのワンシーンに憧れている部分もありますね。20歳になったら、ワイングラスを回しながら、ワインを嗜んでみたいです。

――誕生日まであと数週間。是非、夢を叶えてください!

熊澤 はい! 事務所総出で、連れて行ってもらおうかな♪

――では最後に、20歳を目前に控えた今の目標を教えてください。

熊澤 今回、動画でお話させていただいた『ヒロインが終わらない』では、大人っぽい表情をたくさん撮ってもらったんですよ。そういう新しい一面に挑戦させてもらえたのが、私としてはスゴくうれしくて。20歳になったら、成長して大人になった部分をもっと届けていけたらなって思います。そして自分がアイドルとして、いつまでもみなさんに愛される熊澤風花でいられるよう、頑張り続けていきたいですね。

KHQY0588.jpg
●熊澤風花(くまざわ・ふうか) 
2002年7月2日生まれ 埼玉県出身 
身長162cm 血液型=O型 
◯2016年結成のアイドルグループ「Task have Fun」のセンター。7月2日(土)20歳の誕生日当日に新宿BLAZEにて生誕祭を開催。
詳しい情報はこちら↓
https://taskhavefun.net/contents/531837

公式Twitter【@Task_fuuka】 
公式Instagram【@fuka_kumazawa】

取材・構成/とり 撮影/山上徳幸

関連記事(外部サイト)