アイドルグループ「#ババババンビ」白色担当の小鳥遊るい「学生時代、オバケ屋敷のオバケ役をして、遠征費をためていました」

小鳥遊01.jpg

人気急上昇中のアイドルグループ「#ババババンビ」の白色担当、小鳥遊(たかなし)るいちゃん。7月4日(月)発売『週刊プレイボーイ29号』では初めてとなるソロの撮り下ろしは、フェチ感があって、男心をくすぐる!

* * *

■大学進学で理系を選んだ理由

――#ババババンビの白色担当として人気急上昇中の小鳥遊るいちゃん。週プレでは初の撮り下ろしになりました。

小鳥遊 1回の撮影で5着もかわいい衣装を着させてもらったのは初めてで、すごく楽しかったです。特に気に入っているのは、セーラー服のカット。中学卒業して以来なので、似合うかちょっと不安ですが(笑)。

――かわいかったですよ!

小鳥遊 ホントですか? ありがとうございます! セーラー服のシーン、お風呂のお湯に漬かっていたからカラダが浮いてきて、体勢をキープするのが大変でした。私、まったく運動ができなくて、筋肉もないんですよ。

――学生時代、部活動は何をしていたんですか?

小鳥遊 中学は吹奏楽部で、高校はチア部でした。

――吹奏楽部って、けっこう筋トレをするって聞くけど......。

小鳥遊 していたんですが、その頃から腕立ては0回。腹筋は腹式呼吸が必要だったので、人並みっていう感じでした。

――ちなみになんの楽器を担当していたの?

小鳥遊 トロンボーンでした。本当はクラリネットとかフルートをやりたかったんですが、楽器決めの日にジャンケンで3回負けてしまって......。ただ、トロンボーンを演奏するうちに、どんどんその魅力にハマっていきました。

――るいちゃんはアイドルオタクとして有名だけど、いつから?

小鳥遊 『とっとこハム太郎』とミニモニ。さんがコラボしたミニハムずが好きになって、それがキッカケですね。そこからいろいろなアイドルを追いかけるようになったものの、地元が田舎だったこともあり、なかなかライブに行くことはできなくて。ライブアイドルにハマり始めたのは、大学生になってからです。

――大学では何を学んでいたの?

小鳥遊 化学系です。私、アイドルのかわいい衣装が好きで、それに関わる仕事がしたかったんです。でも、デザイナーになるのはセンスが必要じゃないですか。それなら、洋服の素材を研究する仕事を目指してみようと。

――発想が変わっていますね(笑)。アルバイトは?

小鳥遊 いっぱいやりましたよ。メジャーどころだと飲食系とか。

――マイナーどころは?

小鳥遊 オバケ屋敷でオバケ役をやっていました。長髪のウィッグを反対にかぶって、貞子みたいに前髪で顔を隠して、ボロボロの服を着て驚かすんですよ。スタッフさんがスパルタで、「そんなんじゃ怖くないよ。もっとオバケっぽく!」なんて言われながら(笑)。最後のほうは驚かすことが快感になっていました。

そうやってためたアルバイト代で、ライブアイドルを追いかけるために夜行バスで地方遠征をして。あの頃は、学校の研究の予定なども、ライブスケジュールを中心に組んでいました。

――アイドルオタク仲間は、るいちゃんが#ババババンビでアイドルになって驚いたんじゃない?

小鳥遊 私自身もアイドルになるなんて思っていなかったので、みんなもそうだと思います(笑)。でも、#バンビのライブに来てくれたりするので、それがすごくうれしいですね。

――休みの日は何をしています?

小鳥遊 相変わらずライブに行っています(笑)。○月○日が休みだよって言われたら、ツイッターで検索して、何かアイドルのライブがやっていないかなって調べて。今は「=LOVE(イコールラブ)」さんと「≠ME(ノットイコールミー)」さんを推しています!

――今もオタ活をしているってことは、応援してくれる方たちの気持ちもわかるんじゃないですか?

小鳥遊 もうホント、痛いほどわかります。どれだけ時間とお金がかかっているか......。だからこそ、#バンビのライブに来てくれた方には、絶対に幸せを届けたいと思っているんです。

(スタイリング/大橋みずな ヘア&メイク/白水真佑子) 

●小鳥遊るい 
10月24日生まれ 三重県出身 身長151cm 
○大学では理系を学ぶ。生粋のアイドルオタク。アイドルグループ「#ババババンビ」の白色担当。8月14日(日)に大阪・Zepp Nambaで#ババババンビの単独公演を開催予定。#ババババンビの冠番組『#ヤバババンビ』(Paravi)が配信中! 
公式Twitter&Instagram【@pipipi_br】

小鳥遊るいデジタル写真集『くすぐる。』 撮影/小塚毅之 価格/1100円(税込)

取材・文/高篠友一 撮影/小塚毅之

関連記事(外部サイト)