佐野ひなこがデビュー10周年を迎えてさらなる進化と変化を「日々の美容ケアなど、昔よりも丁寧な暮らしをするようになりました」

佐野01.jpg

ウエスト51センチの"奇跡のくびれ"を持ち、時の流れとともにその美BODYには磨きがかかるばかりの佐野ひなこが、7月11日(月)発売『週刊プレイボーイ30・31号』のグラビアに登場。デビュー10周年を迎えた今、あえてテーマを「原点回帰」に据えたグラビア。正真正銘、これが彼女の現在地――。

* * *

■年相応に目いっぱい楽しみたいなって

――約1年ぶりの撮り下ろしでしたが、また一段と大人っぽく艶感がありました。

佐野 今年は、私の中で艶感を意識しているんです。今年のトレンドで、ファンデーションはナチュラルなものを使いつつも、肌質のちょっとした違いで艶感が出るように意識したりして。

あと、グラビアの撮影のときは顔だけじゃなくて全体的に艶があったほうがいいなと思って、こだわってます。ここまで長いことこのお仕事をやらせていただいているので、やっぱりちょっとずつでも変化している姿を見てもらいたいなって。

――今回のカメラマンのTakeo Dec.さんは、デビュー当時から佐野さんのグラビアの撮影をよくされていました。

佐野 今回かなりお久しぶりだったので、18歳くらいのときに、週プレさんでTakeoさんに撮影してもらった日のことを思い出しました。今となっては恥ずかしいですが、撮影の前日に親知らずを抜いてしまい、顔半分が腫れちゃったんです(笑)。だから、鎮痛剤を飲んで撮影に臨みました。

――そんなことが! その当時と比べると、やっぱり自分でも大人になったなと思いますか?

佐野 そうですね。もうその頃から10年もたつので、さすがに大人になっていないとなっていう感じではあります(笑)。

――自分では、どんな変化があったと思いますか?

佐野 昔と比べて、丁寧な暮らしをするようになったと思います。今までは、忙しかったりすると肌や体のケアを怠りがちだったし、ガサツでした。それで、時間を見つけてエステに行ったりしていて。

若い頃はもちろんそれでよかったのかもしれないけど、やっぱり年を重ねるにつれて美容や健康面にもちゃんと気を使わなきゃいけないなと思い始め、ここ最近は自宅で日々のスキンケアやボディケアをするようになったんです。

なんでこの工程をやらなきゃいけないのかとか、なんでこの成分を取り入れなきゃいけないのかとか、そういう知識も学びつつですが。

――ステキな変化ですね。内面的な部分も変わりましたか?

佐野 若い頃は早く大人になりたくて、背伸びをしてばかりだったんですけど、今は年相応に目いっぱい楽しみたいなっていう考え方に変わってきました。

もちろん大人なので、ちゃんとしなきゃいけないところはちゃんとしますが、そのうえで楽しむときは思い切り楽しむ。そのための基盤づくりとして、丁寧な暮らしを心がけている感覚です。

――大人というと、最近は趣味でゴルフを始められたんだとか。

佐野 そうなんです。レッスンに通っていて、撮影の前日がラウンドデビューだったんですよ。風も心地よくて、先生に教えてもらいながら、私と友人の4人で楽しく回ることができました。でも最後の1ホールは、集中力が切れたのか、パターを決めるのに5打くらいかかって「一生入らない!」ってなりました(笑)。

――始めたきっかけは?

佐野 周りにやっている人が増えてきて、私もやってみようと思って始めました。友人と同じタイミングで始めて、みんなで一緒にレッスンに通っています。

――思うように飛ばなくていやになったりしないですか?

佐野 ひとりだったらきっといやになってたと思うんですけど、みんなで一緒に習い始めて、上達のスピードがほとんど同じなので、切磋琢磨しながら楽しくできてます。そういえば私、バンカーショットがなぜか上手だったんですよ。

――難しそうなのに!

佐野 バンカーから出すのって経験者でも難しいみたいなんですが、なぜかすんなり出せて(笑)。先生から「とにかく高く叩いて砂を飛ばしてください」って言われて、そのとおりにやっただけなんですけどね......。でも、一緒にラウンドを回ってた友人にもホメられて、うれしかったです♪

(スタイリング/筒井葉子[PEACE MONKEY] ヘア&メイク/paku☆chan[ThreePEACE] 衣装協力/カイタックインターナショナルfruits de mer Swingle 有楽町マルイ店) 

●佐野ひなこ 
1994年10月13日生まれ 東京都出身 
身長160cm B84 W51 H83 
○主な出演作はドラマ『デスノート』『好きな人がいること』『深夜のダメ恋図鑑』『この恋あたためますか』『推しの王子様』など。デビュー10周年写真集『BE WITH ME』(光文社)が発売中。
公式Twitter【@hinachimuu】 
公式Instagram【@hinako_sano】

佐野ひなこデジタルグラビア『Recurrence』 撮影/Takeo Dec. 価格/1100円(税込)

取材・文/筒井優太 撮影/Takeo Dec.

関連記事(外部サイト)