超正統派女優・青島心が人生初グラビア「自分が有名になるよりも『ギーツ』という作品を大事にしたい」

「○年に一度の」「奇跡の○頭身」「令和最高の」など、使い古された言い回しで彼女のピュアな美を表現するにはもったいないと感じてしまう、編集者泣かせの美しさ。造形が、ひとつひとつの仕草が、息遣いまでもが奇跡的で尊い。ツムリ役・青島 心(あおしま・こころ)が10月3日(月)発売『週刊プレイボーイ42・43合併号』で初グラビア。

* * *

■使命感から始まった女優人生

――初のグラビア撮影、お疲れさまでした!

青島 人見知りなので、最初はガチガチになっていたと思うし、元から緊張が解けるのにかなり時間がかかるタイプではあるんですけど、スタッフの皆さんが盛り上げてくださったのですぐに自然体になれました。

「本当にホメ上手な方々だなぁ~、ありがたいなぁ」ともはや感心というか感激してしまいました(笑)。つくりすぎずに、素の自分を出せましたね。

――人見知りは小さい頃から?

青島 そうだったと思います。自分の意見を主張するというよりは、周りに合わせるタイプでした。人前に立ったり、目立つのも好きではなかったかな。

――そんな青島さんが芸能界に入った経緯、知りたいです。

青島 「東宝シンデレラ」オーディションに母が勝手に応募したのがきっかけですね。最初は「目立ちたくないのに......」って感じで(笑)。

当時小学5年生だったんですけど、オーディションというものが何かすらわかっていなくて。会場にいたコたちの真剣なまなざしを見て、「私はとんでもないところに来てしまったんだ」って、ハッとしたのを覚えています。

選考中の受け答えの仕方も父のアドバイスどおりにやっていて、思い返すと当時は自分の意思はほとんどなかったなと。面接の空気に耐えきれなくなって、部屋から逃げ出したりもしてましたし(笑)。

――それでも芸能界に入って、結果、今も活動されています。

青島 そうですね。私、結局最終選考前の合宿審査で体調を崩してしまって、選考を辞退したんです。でも、そのときはオーディションを受ける前と少し自分の気持ちも変わっていたし、何より一緒に選考を進んでたコたちとの間に絆も芽生えてきていて。

それで事務所の方に「辞退した身ではあるんですけど、グランプリ決定だけ見届けたいです」とお願いして、発表の会場に行かせていただいて。賞を逃して涙していたコもいました。

その後、事務所の方から「グランプリを獲(と)った人たちと一緒に所属しないか?」ってお話をいただいて。

賞を逃して本気で悔しがっている友達の姿が脳裏に浮かんで。「最後までオーディションを戦い抜いた人を差し置いて、辞退した私がこんな話をいただいて、断るってなんか違くないか?」って。そこで芸能の道に進むことを決意しました。

――使命感みたいな?

青島 最初はそうでしたし、そのときの感情は今も自分の原動力になっていたり。それ以外にもファンの方の応援だったり、ひとつの作品を作り上げることへのやりがいや楽しさをも発見できて。自分の心の中から「この世界で通用できるように頑張ろう」って気持ちが湧いてきて。

――今後どんな存在になっていきたい?

青島 私の名前っていうよりも、役の名前が覚えられるような女優になりたいですね。出演する作品第一というか。

――自分の名前もみんなに知ってほしい!って気持ちはない?

青島 もちろん知っていただけるのはうれしいんですけど、ずっと演じられていれば、仕事が続けられていればいいなぁって。有名になりたいって気持ちは、あまり強くないのかもしれない。

この業界って、すごくキレイな人とか何かに秀でている人が本当に多いし、その中で覚えてもらうって難しいし。そういうことではなくて、私が出演した作品に感動したり、心を動かされる人がいるっていうことが自分にとってはうれしいし、重要かなって。

『仮面ライダーギーツ』のキャストも、演技以外の仕事もできる多彩な人が多くて。私は演じることしかできないけど、その分『仮面ライダー』という歴史のある作品と、私なりに真摯(しんし)に向き合いたいし、プロ意識を持って臨んでいきたいと思っています。

(スタイリング/安藤真由美 ヘア&メイク/太田瑛絵) 

●青島 心(あおしま・こころ) 
1999年5月19日生まれ 静岡県出身 
身長166cm 血液型=A型 特技=少林寺拳法 
○『仮面ライダーギーツ』(テレビ朝日系、毎週日曜9:00~)にツムリ役で出演中。
公式Twitter【@kokoro_aoshima】 
公式Instagram【@kokoro_aoshima】 

青島 心デジタル写真集『純潔』 撮影/三宮幹史 価格/1100円(税込)
青島 心デジタル写真集『純潔』 撮影/三宮幹史 価格/1100円(税込)

撮影/三宮幹史

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?