monogatariのスーパー美少女・柊 宇咲の自信の源は家族?「お兄ちゃんはハッキリとは言わないんですけど...」

monogatariのスーパー美少女・柊 宇咲の自信の源は家族?「お兄ちゃんはハッキリとは言わないんですけど...」

アイドルグループ「monogatari」の柊 宇咲

2019年。週プレNEWSが今年"大注目する期待の美少女アイドル"連続インタビューも今回で5人目!

今回は、2018年の正月に「原宿物語」から名前を変えた「monogatari」(通称・モノガ)から、柊 宇咲(ひいらぎ・うさ)ちゃんが登場だ!

ライブアイドルシーンで、キレキレダンスが注目されているモノガ。その中でも目を引く美少女っぷりの宇咲ちゃん。15歳の素顔に迫ったぞ!

* * *

――「週プレNEWSが選ぶ2019年の注目美少女アイドル」の5人目ということで。よろしくお願いいたします! 現在15歳ということで。

 はい。でも今年の4月で高校生になります。4月で16歳です!

――そして、「宇咲」という珍しい名前ですが、本名なんですよね。

 そうです。なんか「宇宙に届く一本の花」みたいな感じでつけてもらいました。その一本の花が宇咲です。

――ものすごく強い名前ですよね。でも、その名前に負けないビジュアル。見れば見るほど整った顔です! そんな宇咲さんがこの世界に入ったのはいつですか?

 小学5年生のときなんで、11歳ですね。もう5年経ちます。

――若い! 11歳! もともとは、原宿でスカウトされたんですよね?

 そうです! お母さんと遊びに行って。そしたらお母さんに大人の人が話しかけたんですよ。「誰だろう?」って思ってたら、お母さんが「スカウトされたよ」って。小学5年生の6月にスカウトされて、1月にライブデビューでした。

――早い! でも11歳でスカウトされるって、その頃からめちゃくちゃかわいかったってことですよね? 当時は、どうだったんですか? 「自分はカワイイ」って自覚はあったんですか?

 え〜〜(笑)。でも私、妹がいるんですけど、「お姉ちゃん、めっちゃカワイイ!」っていっぱい言ってくれるんですよ。だから、ちょっとだけ思ってました(笑)。

――おぉ! じゃあ妹さんはお姉ちゃんがデビューする前からファンだった、みたいな?

 あ〜、そんな感じです。妹、めっちゃ宇咲のこと尊敬してくれてるんですよ。昔から、宇咲が紅茶を飲んでたら、妹も絶対に「私も紅茶」って。全部真似してくるんですよ。空手も真似して習い始めたし、宇咲が辞めたら辞めるし(笑)。遊ぶ時は絶対についてくるし。それに今、ツイッターで宇咲があげてる写真も、全部妹が撮ってくれるんです。

――「あ〜、ちょっと動かないで、この角度のお姉ちゃんカワイイ!」みたいな。

 そうそう!(笑)「もっと首をこうして!」って、カメラマン気取ってて楽しそうです(笑)。

――そんな「お姉ちゃん大好き!」な妹さんの太鼓判があったから、「自分はカワイイ! アイドルをやれる!」って思ったんですね。

 ですかね。でも、自信はありました。お母さんも「宇咲が一番カワイイ」って言ってくれるので。

――妹だけじゃなかった!!!

 お兄ちゃんがいるんですけど、お兄ちゃんはハッキリ「宇咲はカワイイ」とは言わないんですけど、多分、そう思ってると思います。それは伝わってきます。

――すごい! 家族全員でチャホヤしてた! というか、宇咲さんって、なんというか「ナチュラルに自信がある人なんだろうなぁ」というイメージがあったんですが、なんとなく理由がわかった気がしました。

ってことは、やっぱりスクールカーストも上位ですかね? こうやってスクールカーストのピラミッドがあるじゃないですか。小学校時代はどこでした?(紙に△を書いて渡す)

 ここらへんです(△の頂点あたりを指差す)。

――トップじゃないですか! やっぱり!

 でも中学に入ったら、ここになっちゃって(△の底のあたりを指差す)。

――いやいやいや! そんなわけはないでしょ! クラスの支配者だったのに!

 あの、宇咲って人見知りなんですよ。だから中学に入って、新しい人と会ったら話せなくなっちゃったんです。小学校は6年あるので、6年かけて一番上に行ったんです。半分の3年じゃ足りないですよ。

――そういうもんですか? せっかくレベル上げてたのに、いきなり最初のお城のあたりに戻って、スライムレベルになったってことですか? そんな現象、本当にあるんですか?

 中学に入ってから、一定の人としか話さなくなっちゃったんで。でも今は3年経ったので、まぁまぁみんなと話すようになりました。個人的には一番上までいきたいんですけどね。あと3年欲しかったです(笑)。

――あ、すごい。スクールカーストの上に行きたかったことを明言するアイドルってなかなかいないですよ。

 例えば、一学期は静かに周りを見るじゃないですか。で、二学期で話し始める。でも年末年始の休みの期間って、話せなくなるんですよ。なんで、またスタートのころに戻るんです。

――正月ボケですかね?

 あと、男子は基本話しかけてきてくれないので。仲良くならない。

――それは、宇咲さんのオーラが強すぎるんですかね。クラスの男子は「いや〜、我々には手が届きませんわぁ〜」って、諦めてるんじゃないですか?

 入学したときは、男子に「あのコ、目力がすごい」って言われてたみたいです。女子たちはみんな「カワイイね」って直接言ってくれるんですけど。

――クラスの女子たちも「カワイイ」って言ってくれるんですか?

 言ってくれます。学校で久しぶりに会ったコに、会った瞬間に「カワイイ〜!」って言われたりすると、なんて言っていいかわからなくなりますけど。あと、体育祭で女子みんなポニーテールにしたんですよ。そしたら「何やっても似合うじゃん」って。それはうれしかったです。

――それ、間違い無くスクールカースト上位じゃないですか! 支配者ですよ! ピラミッドの頂上につま先で立ってますよ!

 違いますよ。上じゃないです。下です。

――その主張の意味がわからない!

◆後編⇒「一番になりたいです!」monogatariのスーパー美少女・柊 宇咲が最強カワイイ宣言!

●柊 宇咲(ひいらぎ・うさ)  
2003年4月27日(15歳)。monogatariのメンバー。イメージカラーは紫。好きな食べ物は「サラダチキン」。5月12日により、「monogatari 1000 sational tour 2019」がスタート。台湾、名古屋、大阪、北海道、福岡、東京へと続く! 公式Twitter【@usa_Monoga】公式サイトもチェック!

取材・文/篠本634(short cut) 撮影/武田敏将

関連記事(外部サイト)