テレビ朝日で異質な存在感を発揮。弘中綾香アナが毒舌になった理由

テレビ朝日・弘中綾香アナが大ブレイク中 「毒舌」きっかけは報道不向きの自覚から?

記事まとめ

  • 弘中綾香アナがテレビ朝日局内で「今最も起用したい女子アナ」として挙がっているそう
  • 上層部のなかには彼女の自由奔放な言動を快く思っていない人もいるという
  • 飾らない発言をしているのは、新人研修で苦労し自覚した自己プロデュースの賜物とも

テレビ朝日で異質な存在感を発揮。弘中綾香アナが毒舌になった理由

テレビ朝日で異質な存在感を発揮。弘中綾香アナが毒舌になった理由

1991年2月12日生まれ、神奈川県出身。慶應義塾大学法学部卒業。2013年にテレビ朝日に入社。『ミュージックステーション』のアシスタントMCをへて、現在は『激レアさんを連れてきた。』などを担当


テレビ朝日局内で、「今最も起用したい女子アナ」として名前が挙がっているのが、入社7年目の弘中綾香アナだ。昨年末にオリコンが発表した「好きな女性アナウンサーランキング」で2位に入るなど、大ブレイク中なのである。

「共演者に鋭くツッコミを入れたり、毒舌を繰り出したりと、女子アナらしからぬところが魅力。ただ、危うさもあって、上層部のなかには彼女の自由奔放な言動を快く思っていない人もいます」(テレビ朝日関係者)

そう話すとおり、正統派の女子アナが多いテレビ朝日のなかで、彼女は異質な存在だという。その理由の一端を、中堅局員が語る。

「学生時代、彼女はアナウンサー志望ではなく、アナウンススクールにも通っていなかった。だから、基礎ができておらず、新人研修ではかなり苦労していた。そのとき、自分は報道に向いていないことを自覚し、どう個性を出し、どう生き抜いていこうか考えるようになったらしい。飾らない発言をしているのも、そうした自己プロデュースのたまものといえるのではないでしょうか」

ちなみにブレイクした現在も、それを鼻にかけることは一切ないようだ。

「熱愛報道があったにもかかわらず、今も無防備に大衆居酒屋に飲みに行ったりしている。マイペースというか、メンタルが強いというか......」(前出・局員)

今年もブレずに強烈なキャラクターを発揮していってもらいたいものだ。

関連記事(外部サイト)