1st写真集『ANOther』が3月6日発売! ゆるめるモ!・あの「周りの優等生みたいなアイドルにはなれないから、もうこのままでいいやって」

1st写真集『ANOther』が3月6日発売! ゆるめるモ!・あの「周りの優等生みたいなアイドルにはなれないから、もうこのままでいいやって」

3月6日に1st写真集『ANOther』を発売する、あの


4人組ニューウェーブガールズグループ「ゆるめるモ!」での音楽活動のほか、女優・モデルとしての活躍も目覚ましい、あの。

3月6日(水)には1st写真集『ANOther』(小社刊)が発売。そして3月4日(月)発売の『週刊プレイボーイ11号』では表紙・巻頭グラビアに登場する。

男女問わず熱狂的なファンを持ち、カリスマ的人気を誇る彼女の魅力に迫る!

■髪の毛が少し燃えちゃって(笑)

――念願の写真集発売、おめでとうございます! 指宿(いぶすき・鹿児島)とカンボジアという異なるふたつの地での撮影でしたが、制服姿で指宿の海に飛び込む姿の写真が素晴らしくて話題になりました。

あの 学生時代、みんなが体育で水泳の授業を受けてるときに、勝手に制服のままプールに飛び込んだことがあって。指宿の海を見たときに、その思い出とリンクしたんです。それで、当初そんな予定はなかったのに「飛び込みたいです」とお願いして、飛び込ませてもらいました。

――指宿での思い出は?

あの 花火をしたんですけど、夏休み最後っていう感じがして楽しかったです。でも、そのとき、実は髪の毛が少し燃えちゃって(笑)。顔に火花が当たろうが全然平気なので、花火を振り回したり、寝ながら花火をしたりしてて。その後、明るい所に行ったら、マネジャーさんに「髪、燃えてない?」って言われて、「燃えてる」って(笑)。

――それ以降の撮影に影響は出なかったですか?

あの 次の日の朝、ヘアメイクさんに「髪の毛が燃えちゃったんで、どうにかしてください」って言いました(笑)。そしたらどうにかなりました。すごい。

――そして、カンボジアという撮影場所はあのさんが希望を出したそうですね。

あの 地雷原があるような国が実際にはどんな場所なのか、一度自分の目で確かめたいと思ってたんです。そういう国のリアルな部分を見たくて。だから、実際に現地の人が住んでるアパートや、だだっ広い野原の中で撮影しました。撮影してる後ろでアパートの家主たちが急にけんかを始めたり、街中の設備もコンクリートがむき出しだったり、ワニがいそうな川辺に住んでる人がいたり。日本とは違う部分をたくさん見ることができて、よかったなと思います。

■新しいことのほうが絶対に面白いので

――今回、写真集の構成がダブルA面両開きというすごくトリッキーなものに。

あの 最初にこれを提案されたときは、正直見づらいなって思いました。だから不安な気持ちもあったけど、見づらかったら何回も繰り返し見てくれる可能性が高いなと思って(笑)。それにこんな構成、今まで見たことないじゃないですか。スタンダードすぎるのもつまらないし、せっかくなら新しいことをしたほうが絶対に面白いので。

――普通が好きじゃない?

あの というよりは、新しいものが好きなんですよ。できなさそうなことをやってみたい思いが常にあって、それを言葉にすることが多いので、周りからワガママだって思われちゃうんです。でも、結果それが実現するときのほうが多い。客席にダイブするのもそうです。ライブ中に気持ちを抑えられなくなって飛び込んだんですけど、そういうのも、特に見本があったわけじゃなくて。そんなことをするアイドルなんて、当時はいなかったと思います。それを自分が率先してやりたいなって。

――あのちゃんには、開拓者という言葉がぴったり当てはまる気がします。ほかのアイドルとは一線を画すほど、熱狂的な女のコのファンが多いですし。

あの それはシンプルにうれしいです。ありがたいなって。

――ライブ会場に、カップルでグッズを身につけて来ているファンもいるんだとか。

あの います。キモカワです。

――キモカワ......?

あの や、気持ちわりーなって(笑)。でも、それすらもかわいいなって思う。「気持ち悪い」って、褒め言葉だと思ってるので。でも、自分からしたら不思議な感覚です。ぼくなんて周りのアイドルよりも劣ってるところばっかりだし、社会で生きていけないただのゴミクズなのに。

――そんなことないですよ。

あの ゆるめるモ!に入ったときに、自分がアイドルに向いてないことにあらためて気づかされて、それに反発することでしか自分を守れなかったんです。周りの優等生みたいなアイドルにはなれないから、だったらもうこのままでいいやと思って。そしたら、こうなりました。

――そういう生き方が、同じような境遇の女のコから憧れられる要因なんでしょうね。

あの ぼく、誰かのために生きられない人間なんですよ。だけど、そういうコたちがいなかったら今のぼくは存在していないわけだから、本当にファンの人には感謝してます。自分自身にとっても、こうして活動を続けられている理由のひとつになってるので。

――そのために、これからも新しいことに挑み続けると。

あの もちろん大前提として、自分がそうしたいっていう思いが強いですけどね。この写真集もそうだし、演技やモデルのお仕事とかもそう。学生時代、塾へ行って今まで解けなかった問題が解けるようになる喜びとかを味わったことがないから、こういう形でそれを感じられるのがうれしくて。だから、これからもいろんな新しいことに挑戦していけたらいいな。

●あの
9月4日生まれ 血液型=A型
○「ゆるめるモ!」の水色担当。公開中の映画『血まみれスケバンチェーンソーRED』(配給:プレシディオ)では碧井ネロ役で出演。公式Twitter【@aNo2mass】公式Instagram【@a_n_o2mass】

★ファースト写真集『ANOther』3月6日(水)発売!
写真/川島小鳥&松岡一哲 アートディレクション/町口 景
定価:2400円+税 集英社

★あのファースト写真集発売記念お渡し会
日時:3月10日(日)13時開始予定
会場:SHIBUYA TSUTAYA 6F
詳細はSHIBUYA TSUTAYAのホームページにて
https://ameblo.jp/shibuya-tsutaya/

写真集公式Twitter【@ano_photobook】

取材・文/筒井優太 撮影/川島小鳥、松岡一哲

関連記事(外部サイト)