『THE SECOND』ファイナリスト・マシンガンズ「ファンは家族みたいな数人しかいない。そんな自分たちでも輝ける大会はありがたいっすよ!」

結成16年以上の新お笑い賞レース『THE SECOND』のファイナルが20日に開催される。ファイナリストのひと組、マシンガンズを直撃! 結成25年。会見では「この中で一番貧乏です!」と叫んだ彼らの意気込みを聞いた。

* * *

――初戦は金属バットです。

西堀 人気者に当たりすぎなんだよ! ガクテンソク、ランジャタイ、金属バットって。

滝沢 俺たちは固定ファンが数人しかいない。もう家族みたいなもんで、一緒に野球を見に行くぐらい。ファンのひとりは最初女子高生だったけど、今は30代だもん。

――荒れそうな予感もします。

西堀 でも俺たちは荒れた場に強いんだよね。スベった後とか全然へっちゃら。まあ金属バットがお客さんにハマってたら、「うまくハマってましたね」って最初に言うし。

――マシンガンズはネタ前にお客さんをイジってますよね。

滝沢 台本にないことを2分ぐらいしゃべる。会場の後ろに時計があって、それが5分59秒になったら、まだネタが残ってても「ありがとうございました!」って切り上げちゃう。

西堀 俺たちは6分のネタじゃなくて、6分たったら終わり。

滝沢 それが6分ネタだろ? 前戦の勝因は俺がコンタクトレンズをつけてたことだな。ちゃんと時計が見えたから!

――滝沢さんは出番前にずっと「勝ったらモテる」とつぶやく姿が公式ツイッターにアップされてました。

滝沢 お笑いはモテるためにやってるから、モテなくなったら辞める!

西堀 おまえは結婚して、子供もいるだろ!

――抽選会後の記者会見は緊張してましたよね。

西堀 あんま覚えてない。でも途中で「出場者で俺が一番貧乏!」ってネタを言おうとしてたことを思い出して、そこから持ち直したかな。「貧乏だから大会の趣旨に合ってる」って。

――本番はどうですか?

西堀 あれより緊張するな!

滝沢 だって松本人志さんがいるんだぞ。

――三四郎は「漫才を松本さんにぜひ見てもらいたい」と言ってました。

西堀 アイツらにはそれ以外の仕事があるから、テレビに出てる人はそこが強いよな。

滝沢 俺らはほかにないし、ここ数年テレビでほぼ漫才をやってない。

――本番も出たとこ勝負?

西堀 いいほうに転べばいいねー(遠い目)。あとはもうしょうがない。どういうお客さんかもわからないから。

滝沢 負けちゃうとその後3時間半ヒマになるから、なるべく1回は勝ちたいね。

――優勝したら何をしたい?

滝沢 効率のいい仕事がしたい。

西堀 それ大御所の言葉だろ!

滝沢 こんな労働時間でこんなにもらえるのって驚きたい。札束風呂もやりたい。あとラウンドガールと付き合いたい!

西堀 だからおまえは子供いるだろ!

――おふたりにとって、『THE SECOND』とは?

西堀 われわれにとって大きなチャンス。賞レースで初めて決勝に行かせてもらったし、夢のある大会。俺たち初物に強いんですよ。みんながワケわかってないときにスッと入って勝つ。今回もそうなればベストだなと。

滝沢 25年間やってることはまったく変わってないけど、この大会ができて、普段からやってきたことが救われたみたいなところがありますね。これがなかったら、注目されることもなかったんじゃないかなって。だからありがたいっすよ。

★ネタ時間6分は長い? 一般審査員100人による採点はどう影響する? トーナメント方式の是非は? そんな中での優勝候補は?  『THE SECOND』の楽しみ方はコチラ!

●西堀亮(にしほり・りょう)
1974年10月4日生まれ、北海道出身。お笑いの傍ら、一般社団法人発明学会会員として、さまざまな発明にも携わっている。ツイッター【@nishihoriryo】

●滝沢秀一(たきざわ しゅういち)
1976年9月14日生まれ、東京都出身。ごみ清掃員の仕事もこなし、『ゴミ清掃員の日常』(講談社)などごみに関する本を12冊出版。ツイッター【@takizawa0914】

取材・文・撮影/関根弘康

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?