『平成』という時代を騒がせたあのインリンが11年ぶりの復活!「たぶん普通の生活が合わないんですよ(笑)。なんかつまらないというか」

『平成』という時代を騒がせたあのインリンが11年ぶりの復活!「たぶん普通の生活が合わないんですよ(笑)。なんかつまらないというか」

ネットニュースで話題になったインリンの復活。その舞台は、4月1日発売の『週刊プレイボーイ』だった!

妻になり母になり、それでも"エロテロリスト"は健在だった! 4月1日(月)発売の『週刊プレイボーイ15号』の袋とじで約11年ぶりに登場したインリンが、復活までの葛藤のすべてを語ってくれた。

ユニット「ジョイトイ」のプロデュース・作詞・作曲担当で、写真家としてもインリンと20年以上の付き合いがあるクラタノフ氏からも秘話が飛び出す。

* * *

――お久しぶりです。週プレには約11年ぶりの登場です。

インリン びっくりしますよね、こんなお姉さんというか、もうおばさんか......やだな(笑)。ネットで変なこと書かれるのショックだから、お手柔らかに、優しくしてほしいです(笑)。

――待望の復活ですから、みんな期待してますよ。

インリン 私のグラビアを初めて見る人はびっくりするかも。グラビアを始めた20年くらい前、"癒やし系"がブームだったんですよ。井川遥さんとかが活躍していて。だから、そのときもすごく引かれたし......。

――そんなことなかったですよ。

インリン ちょっと怖い人ってイメージだったみたい。"すごいヤツがいる"って芸能界でも噂になっていて。当時、芸名が「インリン・オブ・ジョイトイ」だったから、それもインパクトが強かったんでしょうね。

――名前から「オブ・ジョイトイ」は外されたんですよね。

インリン 3年くらい前に変えました。ユニット「ジョイトイ」の一員、ボーカリスト、という意味だったんですけど、「ジョイトイ」からは卒業して、今はただの「インリン」です。

――現在は台湾で生活されていますね。

インリン もう7、8年になります。私は日本の生活がよかったんですけど、家族で台湾旅行に行ったら旦那が気に入っちゃって。

――反対はしなかった?

インリン いろんな仕事をしてさらに結婚もして人生突っ走ってきたなかで、そろそろ休んでもいいかなって、そんな気持ちが自分の中にあったタイミングだったんですよね。

旦那は当時、中国語がまったくしゃべれなかったので"ちゃんと考えたほうがいいよ"って言ったんです。でも"行けばなんとかなる!"って言われて。つい"そうだねー"と思っちゃって(笑)。旦那は6歳年下なので、なんか子供ですよね、単純というか、純粋というか。

――このまま台湾で生活を?

インリン 最近、ちょっとした事件があって。旦那の勤め先は日系企業なんですが"本社に異動するかも"って言ってきて。本社って日本なんですよ(笑)。あなたが台湾に住みたいって言うから来たのに、わけわかんない!って止めました。せっかく生活が落ち着いたんだからって。でも何かのタイミングで帰る可能性がないとは言えないし。わかんないですよね。

■インリン復活の真相を語る!?

――インリンさんはまた日本で活動したい?

インリン その気持ちはあります。今の生活でももちろん悪くないし、初めての子育ても経験できたし。でも一段落したら、自分のやりたい表現やメッセージを発信したいと思いますよね。たぶん普通の生活が合わないんですよ(笑)。なんかつまらないというか、物足りない? 刺激が欲しいというか。

――あの尖(とが)ってたインリンさんは、いまだ健在ですね。

インリン 人生の中でも相当濃くてインパクトのある活動をやってきて、急に普通の仕事だと、なんかね(笑)。ウズウズしてきちゃうというか。

クラタノフ インパクトといえば、グラビアをバリバリやっていた時期に"豚の頭と撮りたい"と言いだして、大変なことがありましたよ。

インリン そんなことあった?

クラタノフ あったよ。わざわざ豚の頭をふたりで買いに行って、その頭を抱いてベッドで撮影して。ベッドは血だらけですよ。その後"これを料理するんだ!"とか言って、裸エプロンみたいな格好でフライパンに豚の頭入れて。そこに火までつけて炎がブヮ〜ッて。それでもインリンめちゃくちゃ笑顔、みたいな。写真集に載ってます。

インリン そうだったかもしれない。なんでそんなことやりたかったんだろうね(笑)。

――そんな経験したら、確かに普通の生活に戻れなさそうですね。でも今は主婦としての仕事もしているんですよね。

インリン ギリギリ? ちゃんとやってます(笑)。朝は子供たちを幼稚園まで電動自転車で送って、それから洗濯や仕事をしたりヨガ行ったりとか。それでだいたい一日終わりますよね。お弁当も作らないといけないし。まさか自分が子供を産むとは思わなかったし、ましてや3人も。自分でもびっくりしちゃいますけど、不思議ですね、人生。

■セクシーゆえに抱える葛藤

――今回の復活は、悩んだりしましたか?

インリン いろいろ考えました。私が最初に「インリン・オブ・ジョイトイ」として写真を撮ったときも、すごく悩んだんですよ。普通の短大生がいきなりTバックはいて、しかもあんなポーズじゃないですか(笑)。かなり葛藤があって。自分の親は、親戚はどう思うんだろうって。今回も同じように悩んだんです。家庭に入って地味に生きてきて子供もいて。そんな私が急にセクシーな格好をしたら、自分の子供は、自分のママ友はどう思うんだろう、って。

何度かグラビアのオファーはあったんですが、断っていたんですよ。でもあるとき「自分が考えてるよりは深刻じゃないんじゃないか」って思ったんです。デビューのときも悩みましたけど、結局やって大正解だったんです、自分の中では。人から見たらわからないけど(笑)。すごく楽しかった。だから今もやってみたら周りも自然とついてくるんじゃないかなと思って。それならやってみようかなと。

――今回の撮影のために何か準備しましたか?

インリン 特別何も。ヨガを3、4年くらい続けていて、あと家で体幹トレーニングもしていたし。いつかまた人に見せる日が来るんだろうなっていう意識がどこかであったのかな? 気は抜けない、みたいなね。本当にそんな日が来るとは驚きでしたけど。でも子供を産んでいるので、肌を露出するのはすごく勇気がいりましたよね。独身のときより自信もなくなっているし。

――グラビアの感覚はすぐ戻りました?

インリン 最初は久しぶりだから絶対ポーズとか取れないし、大丈夫かな?と思ってたんだけど、いざ始まると動いちゃうんだよね。なんでだろう、染みついちゃってるのかな、あの時代が。意外とすんなり入れました。でも衣装合わせのときは恥ずかしかったですよ、こんなに肌さらけ出すの? ジロジロ見ないでよ!とか思ったんだけど(笑)。

――ブランクが10年もあるようには思えませんでした。

インリン 初めてTバックをはいて撮影したのは20歳くらい、そこから約20年たって、それでも今、Tバックがしっくりきましたね、この過激な格好じゃなきゃいけないんだってあらためてわかりました。撮影前は露出のことをすごく気にしてたんです。でも結局Tバックじゃなきゃしっくりこないなと思うんですよね。

――これからもグラビアは?

インリン 見てくださる方がいるのなら。反応は怖いですけど。でも、私が大人になったってことは、みんなも大人になったんだし、いいんじゃないですか? これからもやっていきたいですね。新しいことがまた発見できるかもしれないじゃないですか。どんどん新しい自分に出会っていけたらいいなと思います。

●インリン 
1976年生まれ 台湾出身 身長162cm 
○20歳の短大生のとき、過激にデビュー。以来10年にわたってグラビアやプロレス、そのほかさまざまな分野で活躍。2008年に結婚し、生活の拠点を台湾へ移す。台湾では自らの会社を起こし、一時期はヘッドスパなども経営。今後の活動にも注目だ! 
最新情報はアメブロ、LINE BLOG、英里有限会社(Eili Taiwan)をチェック!

撮影/栗山秀作

関連記事(外部サイト)