日本テレビ・水卜麻美アナがフリー転身を否定し続ける理由

日本テレビ・水卜麻美アナがフリー転身を否定し続ける理由

1987年4月10日生まれ、千葉県出身。慶應義塾大学文学部卒業。2010年に日本テレビに入社。オリコン発表の「好きな女性アナウンサーランキング」では5連覇を達成。現在は『スッキリ』などを担当


あるごとにフリーアナ転身の噂がささやかれるミトちゃんこと日本テレビの水卜麻美アナ。4月28日放送の『シューイチ』に出演した際、改めてこの話題に触れ、「人生でフリーになるって本気で考えたこと、一回もない」と笑いながら否定。

その理由として、「アナウンス部の人が大好きなので、アナウンス部のみんなが辞めるって言ったら一緒に辞めます。死ぬとき一緒にいたいですもん。みとられたい、私は」とまで語っているのである。女子アナ取材を数多くこなす芸能ライターが話す。

「元フジテレビの加藤綾子アナをはじめ、過去に出演番組で断固として否定しながら、結局フリーに転身した女子アナはゴマンといますよ。番組での発言をうのみにすることはできない」

では、実際問題、フリーになる可能性はあるのか。

「これまでに大小の芸能プロが彼女に接触を試みていて、実際に条件面などを話し合ったこともあったと聞いています。けど、最終的に彼女は首を縦には振らなかった。彼女は小学生の頃からアナウンサーになるのが夢だったのですが、就職活動時に、フジテレビはあっさりと不採用になり、テレビ朝日とTBSは最終面接まで残るも入社は勝ち取れなかった。

失意のなか、日本テレビから内定通知が届いたため、強い恩義を感じているんです。局アナとしてやりきった感覚が生まれない限り、フリー転身の道は選ばないはず」(日本テレビ局員)

とりあえず、ミトちゃんファンはひと安心!?

関連記事(外部サイト)