話題の映画『空母いぶき』公開。主演の西島秀俊は「平和の大切さ、かけがえのなさを感じてほしい」

『空母いぶき』主演の西島秀俊が、「改めて平和の大切さを感じてほしい」と語る

記事まとめ

  • 『空母いぶき』舞台挨拶に、西島秀俊、佐々木蔵之介、本田翼、市原隼人らが登壇した
  • 原作は、かわぐちかいじ氏の同名漫画で、自衛隊の「防衛出動」をめぐる攻防を描く
  • 西島は「見終わった後に平和な街を見て、改めて平和の大切さを感じてほしい」と語った

話題の映画『空母いぶき』公開。主演の西島秀俊は「平和の大切さ、かけがえのなさを感じてほしい」

話題の映画『空母いぶき』公開。主演の西島秀俊は「平和の大切さ、かけがえのなさを感じてほしい」

本田翼や西島秀俊、佐々木蔵之介ら出演陣が初日舞台挨拶に出席

24日、映画『空母いぶき』の初日舞台挨拶に、主演の西島秀俊佐々木蔵之介本田翼、市原隼人、深川麻衣、藤竜也、若松節朗監督が登壇した。

原作は、かわぐちかいじ氏が『ビッグコミック』で連載している同名の人気漫画。国籍不明の軍勢からの攻撃をきっかけに、自衛隊へ下された「防衛出動」をめぐる攻防を描いた物語だ。

昼過ぎの上映後に登壇した西島は、センシティブなテーマだけに「映画の余韻を壊さないようにと思っていた」にもかかわらず、第一声から「こんばんは」と挨拶するハプニング。さらに佐々木もわざと「こんばんは」と間違えたふりをするなど、和やかな雰囲気でイベントはスタート。

しかし初公開を迎え、西島は「自衛官の方にたくさん話を聞くこともできたし、事前の準備をたくさんした。作品のために力を尽くしていただいた」と関係者への感謝を述べるとともに、「映画を見終わった後に平和な街を見て、改めて平和の大切さ、かけがえのなさを感じてほしいです」と真剣な表情で思いの丈を語った。

そんななかイベントでは、かわぐち氏からの手紙が読まれる場面も。

「映像にみなぎる緊迫感は『国防』という重要な問題を正面から描いている迫力です。原作者としてその映像に接することができ、これ以上の本望はありません」

という内容に、西島は「かわぐち先生の原作はスケールがとにかく大きくて、テーマが深い。映画化は相当難しく、企画の段階から高いハードルがたくさんあった」と回顧しつつも「感激しました。皆さんにも見ていただいて感無量です」と語った。

また今作では、原作にはいないネットニュース記者の役として本田が出演。「オリジナル(キャラクター)だからこそ、映画にいることの意味や役割をきちんと見つけて、やり通さないといけない」と撮影に臨んだが、自身の存在について「映画がより観やすくなったなと思ってもらえたら幸せ」とコメント。

そして「当たり前の日常を守ってくれている方がいるっていう、それだけで自分の日々が前向きになれるようなそんな気持ちになりました」と映画の感想を語った。

取材・文/鯨井隆正

関連記事(外部サイト)