49cmのウエスト&Fカップバストの美人ギタリスト・山吹りょうが語るグラビア、ギター、音楽「バンドに関しては見た目だけで言われたくない!」

49cmのウエスト&Fカップバストの美人ギタリスト・山吹りょうが語るグラビア、ギター、音楽「バンドに関しては見た目だけで言われたくない!」

今年4月にメジャーデビューしたガールズロックバンド「エルフリーデ」のギタリスト、山吹りょうが『週刊プレイボーイ』のグラビアで驚異的ボディを披露!

まだ幼さの残る愛らしい表情、そして49cmの極細ウエスト&Fカップバストという驚異的なボディーー。そのギャップをグラビアで披露し、話題を呼んでいるのが山吹りょう(やまぶき・りょう)だ。

彼女は、コスプレイヤーにしてガールズロックバンド「エルフリーデ」の人気ギタリスト。エルフリーデは今年4月にメジャーデビューし、実力派バンドとして早くも音楽ファンを沸かせている。

そんな彼女が、現在発売中の『週刊プレイボーイ24号』のグラビアに登場。キュートでセクシー、そしてカッコいい姿を見せている。

今後、様々なジャンルでブレイク必至な彼女に、ギターとの出会いからプライベートまでを聞いた。

***

――エルフリーデのギタリストとして活動する一方、コスプレの分野でも人気の山吹さんですが、今回はバーレスクダンサーみたいな衣装を着たり、上半身をギターで隠したり、かなりカッコイイ系のグラビアですね。

山吹 そう言ってもらえてうれしいです。音楽とコスプレは自分の中で大事なもの。グラビアといってもセクシーなだけでなく、両方の要素を感じられるものにしたかったんです。

――恥ずかしさはありました?

山吹 少しだけありました。イベントに水着で出ることがあるので水着は抵抗ないんですけど、きわどい衣装だと妙に露出が気になっちゃって。ハイレグなのは正直、恥ずかしかったです(笑)。

――Fカップのバストが立派なのはもちろん、ウエストが49cmとはめっちゃ細いですね。

山吹 友達から爪楊枝って言われます(笑)。でも普段はサイズの合う洋服がなかなかなくて大変ですよ。特にスカートは直しに出したりピンで止めたり。かといって、太るのもイヤですけど(笑)。

――驚異のウエストは、是非ライブに行って生で観てほしいです。ところで山吹さんは、いつギターを始めたんですか?

山吹 小学生の時です。私の家は全員、音楽が好きで、父がギターを弾いていたんです。それを見よう見まねで弾いてました。その後、音楽スクールでギターを習うようになり、どんどん夢中になっていって。当時は学校から帰って5〜6時間は練習することもざらでしたね。

――どんな音楽が好きだったんですか?

山吹 最初はChar(チャー)さんです。父のCDをよく聴いていました。DVDも観たし、ライブにも2度行きました。

――Char! ブルース系とは、かなり通好みですね!

山吹 みんなからよく驚かれます(笑)。その後はいきものがかりさんとか奥華子さんとか聴くようになって。あとはアニソンやボカロも。メロディがキレイな、いわゆる"ザ・歌物"が好きです。

――最初にバンドを組んだのは?

山吹 音楽スクールの発表会の時です。みんなで音を出すのがとにかく楽しくて、次第にバンドが好きになりました。その後もいくつかバンドを組み、ライブハウスにも出るようになりましたね。

――プロになろうと思うようになったのは?

山吹 スクールに通ううちに決めました。私、学校が好きじゃなく、引きこもりだったことがあって。でも、ギターを弾いてる時は気分が晴れるんです。だから将来はギターで生活していこうって。あとYAMAHAコンテストの地元大会でギタリスト賞を獲ったこともあって、それも自信になりましたね。

――2017年8月にはガールズバンド、エルフリーデを結成します。結成の経緯は?

山吹 自然な流れというか。以前、一緒にライブをやったこともあるベースの(星野)李奈ちゃんとふたりでユニットをやってたんです。そうしたら「やっぱりバンドをやりたいね」という話になって。で、知り合いに紹介されたヴォーカルのみくるちゃんと、もともと知り合いだったドラムのゆーやんを誘いました。私自身はガールズバンドにこだわってたわけじゃないんですけど、みんな性格も音楽的な趣味も合うから、いい雰囲気でやれてます。

――この4月にはついにメジャーデビュー。『realーIze』は、胸キュンなキラキラ感のあるギターロックアルバムですね。

山吹 昨年発表した自主制作のミニアルバムの再録と新曲を加えて、いまの自分たちが詰まった一枚です。私自身もレコーディングではギターのフレーズをギリギリまで考え、ベストを尽くしました。

――中でも好きな曲は?

山吹『Empty』と『PASSIO N』ですね。

――どちらも疾走感のある、キャッチーな曲ですね。

山吹 ライブ映えを意識して結構、エモい感じで弾いて。ギターソロもいっぱい入れています。スウィープ(ほうきで掃くように、流れるように弾く奏法)とか小技もいろいろときかせたりして。

――さすがCharが好きなだけあって本格的ですね(笑)。そういえばこの作品のジャケットはイラストが使われています。ガールズバンドの作品といえばメンバーの写真が使われると思うけど。第一、みんなカワイイでしょ? イラストなのはどうしてですか。

山吹 それは私が強くお願いしたんです。コスプレやグラビアをやっているのでカワイイと言われるのはうれしいですけど、エルフリーデに関しては、ちゃんと音楽として見てほしいんです。生意気なのかもしれないけど、見た目だけで言われたくないことをはっきり示したいなって。

――じつはかなり男前なんですね。バンドとしてやりたい音楽は?

山吹 やっぱりポップなギターロックにこだわりつつ、メロディのはっきりした歌モノですね。私たちの曲が誰かの生活の一部になってくれたらうれしいです。あと自分たちはアニソンが好きなんで、主題歌になったら最高ですね。

――ちなみに趣味なんてあります?

山吹 ゲームです。スプラトゥーンとマインクラフトをひたすらやっています。特にマインクラフトは、朝になるまでやっていることもよくあります。あとはアニメも好きですね。ゲーム、アニメ、バンド、そして寝るの毎日です(笑)。

――ゲームとアニメといえば山吹さんはコスプレもやってますね。

山吹 もともとはTwitterで「弾いてみた」をコスプレしながら動画を上げてたんです。そうしたら反響がすごくて。それからイベントなどのお仕事をいただくようになりました。最近は忙しいのであまりやってないんですけど、機会を見つけてまたやりたいですね。

――あと、山吹さんの好きな異性のタイプも聞ければ。

山吹 優しい人、穏やかな人がいいですね。あと職業はなんでもいいけど、ある程度は、生活力のある人のほうがいいです(笑)。

――そこは意外と堅実なんですね(笑)。では今後の目標は?

山吹 バンドとしては、千人キャパの会場を常にいっぱいにできるようになりたいです。そしていつかは武道館でやれたら。個人的には、ファッション誌などの誌面を飾れるようになりたいし、テレビにも出たいです。枠にはまらず自由に活動をしていけたらなと思っています。ウエストは細いですけど、そこら辺はちょっと図太くいきたいです(笑)。

■山吹りょう(YAMABUKI RYO)
12月4日生まれ。身長154p B84 W49 H78。血液型=B型
○ガールズロックバンド「エルフリーデ」メジャーデビュー1stフルアルバム『real−Tze』(キングレコード)が発売中。6月から全国ツアーも開催予定!
公式サイト【https://el-friede.net/】
公式Twitter&Instagram【@ry01204】

取材・文/大野智己 撮影/山下 隼

関連記事(外部サイト)