トランプ接待で"転がされた"のは、むしろ安倍首相のほうだ

トランプ接待で"転がされた"のは、むしろ安倍首相のほうだ

「今回のトランプ訪日で見せた安倍首相の一連の行動は、国益を売り飛ばす、ただの党利党略、いや、個利個略、いうならば『アベ・ファースト』だ」と批判する古賀茂明氏

『週刊プレイボーイ』でコラム「古賀政経塾!!」を連載中の経済産業省元幹部官僚・古賀茂明氏が、トランプ大統領訪日で"転がされた"安倍首相の行動を嘆く。

* * *

来日したトランプ米大統領への安倍首相の「異例のおもてなし」が話題になった。

大手メディアは、貿易交渉で中国に厳しい要求を突きつけるトランプ大統領が、日本には交渉妥結は8月以降でOKと配慮を見せたのは、首相の接待名人ぶりのおかげだと解説する。

あるメディアは、アメリカ当局関係者が「安倍首相はトランプの喜ぶツボをよく知っている」と称賛したと報じた。だとすると、安倍首相の"トランプ転がし"は卓越しているということになる。  

確かにゴルフ、相撲観戦、炉端焼き店での会食など、どの場面でも、安倍氏が笑顔で一生懸命トランプ氏のご機嫌を取るシーンが大々的に報道されるのを見ると、そんな印象も受ける。だが、本当にそうだろうか?

はっきり言おう。転がされたのはトランプ大統領ではない。安倍首相のほうである。一連の行事は、すべての場面がテレビ向けに周到に準備されていた。

この一大テレビショーで支持率を上げ、夏の参院選で勝利したいという官邸の狙いを見抜いたトランプ大統領は、長旅の疲れを押し、大きな警備上のリスクを取ってまでとことん首相に付き合ってくれたのだ。

なぜ、トランプ大統領はそこまでして首相にサービスするのだろうか? その狙いは明らかだ。選挙の勝利によって安倍政権の基盤を安定させ、大統領再選モードに入る今年の秋以降、忠実に自分のために働いてもらおうという魂胆である。

もちろん日米貿易交渉での日本の大幅譲歩はすでに両首脳間でほぼ合意していると見たほうがいい。

それはトランプ大統領自身が来日中にツイッターで、「貿易交渉に大きな進展が見られた。農業と牛肉が論点。日本の7月の選挙の後に大きな数字を期待している」とつぶやいていることからも明らかだ。しかも、トランプ大統領の要求はこれだけでは終わらないはず。

秋口からは首相はトランプ大統領に要求されるままに、関税引き下げなどのお土産を差し出すだけではない。日米通商交渉は物品以外にサービス貿易の交渉も含まれる。譲歩は物品だけにとどまらず、為替条項(為替介入で通貨安へ誘導することを防ぐ取り決め)などものまされかねない。

一方、日本が控えめに求めているTPP並みの米国の自動車関税の撤廃などはほとんど取れず、日本側の歴史的敗北という結果が予想される。

あまりに不甲斐(ふがい)ない対米追従ぶりに、安倍外交への国民の信頼は地に落ち、支持率は下がるだろう。そうなると、首相は衆院を解散し、総選挙に打って出るタイミングを失うことになる。

つまり、首相にはトランプ大統領に大幅な譲歩をする前に衆参ダブル選を戦うという選択肢しか残されていない。そう考えると、改元に続く今回のトランプ接待ショーに首相が必死だったわけがよくわかる。

トランプ大統領はよく「アメリカ・ファースト」と口にする。行きすぎた保護貿易主義には批判もあるが、自国の国益を優先するその姿勢に対して、アメリカ国内では根強い支持がある。

一方で、今回のトランプ訪日で見せた安倍首相の一連の行動は、国益を売り飛ばす、ただの党利党略、いや、個利個略、いうならば「アベ・ファースト」だ。「ジャパン・ファースト」とさえ呼べないのが本当に悲しい。

●古賀茂明(こが・しげあき)
1955年生まれ、長崎県出身。経済産業省の元官僚。霞が関の改革派のリーダーだったが、民主党政権と対立して11年に退官。『日本中枢の狂謀』(講談社)など著書多数。ウェブサイト『DMMオンラインサロン』にて動画「古賀茂明の時事・政策リテラシー向上ゼミ」を配信中

関連記事(外部サイト)