女神の美貌と親近感をあわせ持った"サトミキ"こと、佐藤美希はかなりの変わり者?「母親役の役作りのためにペットショップや動物園で動物を愛でてます(笑)」

女神の美貌と親近感をあわせ持った"サトミキ"こと、佐藤美希はかなりの変わり者?「母親役の役作りのためにペットショップや動物園で動物を愛でてます(笑)」

3年ぶりに週プレの表紙に登場した佐藤美希


6月10日(月)発売の『週刊プレイボーイ25号』で、3年ぶりの表紙&巻頭グラビア凱旋を果たした佐藤美希。

主演舞台『暁の帝〜朱鳥の乱編〜』を間近に控えた彼女は初経験の役のために、一風変わった役作りをしていた。

■黒糖焼酎と黒糖で"親子飲み"を初体験

――撮影は奄美大島での1泊2日のロケでしたが、初日はあまり天気に恵まれませんでした。

佐藤 グラビアの撮影のときは天気予報が悪くても晴れることが多かったんですが、今回は残念ながら......。でも2日目は晴れ間も見えて、初日は撮影も早めに終わってゆっくりできたのでよかったです。

――ゆっくりって?

佐藤 スタッフさんとご飯を食べて、そのまま2軒目までご一緒しました(笑)。黒糖焼酎という奄美大島名産のお酒がすごくおいしくて。原料の黒糖を食べながらその焼酎を飲むっていう"親子飲み"をしたんです。

――焼酎を飲まれるんですね!

佐藤 いつもはずっとビールを飲みます。でも、せっかく普段行かない土地に来たからには、地元のお酒を飲まないと!

――普段はビールっていうのも親近感が湧きます。撮影で印象に残っていることは?

佐藤 溺れるくらい水を浴びたことです。雨の中で撮影するってなったのに、ちょうどパラパラとしか降ってなくて。それで「雨が足りない」という話になり、ホースの先をシャワーにして、ひたすら水を浴びながら撮影しました。もう、目も開けられないくらい。コンタクトも外れそうになりました(笑)。

――週プレnet Extraでその写真が掲載されているので、読者の方はそれを見てぜひともサトミキさんの美しさに溺れてほしいですね。

佐藤 本当、頑張ったのでぜひ溺れちゃってください(笑)。

――前回の週プレの撮影は昨年の夏でしたが、その頃と比べて体つきが若干女性らしくなったように感じます。

佐藤 あまり絞りすぎないように気をつけました。ちょっとだけお肉をつけたというか。女性目線では引き締まった細い体が好まれるけど、男性目線だとまた違うじゃないですか。

――体形維持には日常的に気を配っているんですか?

佐藤 週に1回くらいホットヨガや岩盤浴で汗を流したりはしますが、ジムに行ったり激しい運動はしていないです。食事もたくさん食べた日が続いたら少し控えるようにするくらい。汗をかくことは好きなので、最近はピラティスにも通い始めました。普段使わない筋肉を使うので、30分やっただけでヘトヘトになります。

――汗をかくのが好きなのに、ジムには行かないんですね。

佐藤 走ったりするのがあまり好きじゃないので......。

――激しい運動をせずに汗をかきたい、と。

佐藤 そういうことです(笑)。

■最近、結婚願望がなくなりました

――ちょうど体づくり真っ最中の5月1日に時代は平成から令和に変わりました。平成が終わったのは名残惜しいですか?

佐藤 生まれてからずっと平成を生きてきたので、今までの思い出が遠い過去のことになったような気がして、少し寂しいです。いつかは令和生まれの人に「え? 平成生まれですか?」って言われる日が来るのかな。

――あまり想像したくない未来ですね。令和には「明日への希望を持てる日本であるように」という願いが込められているんですが、サトミキさんは今、明日への希望を持っていますか?

佐藤 持ってます! 今ちょうど6月13日から上演される舞台『暁の帝(みかど)〜朱鳥(あかみとり)の乱編〜』を控えてるところで、日々「成功させたい」という希望を持って生きていますね。あとは、「成長しててほしい」という希望も。

――昨年出演された舞台『暁の帝〜壬申(じんしん)の乱編〜』の続編になっているんですよね。

佐藤 そして、今回は主演を務めさせていただきます。しかも私が演じる?野讚良(うののさらら)は、前回と同じ大海人皇子(おおあまのおうじ)の妻だけでなく、息子である草壁皇子の母としての一面もあって。

――母親役は初めてですか?

佐藤 初めてなので、すごく難しいです。実際に経験してみないとわからないようなことがたくさんあって。だから子供のいる友達に会いに行って、普段どう生活しているのかを勉強したりしました。食事のときとか、子供を叱るときとか。あとは、ペットショップや動物園に行き、動物を子供に見立てて愛(め)でたりしてます(笑)。

――役作りをペットショップや動物園でする方とは初めて出会いました(笑)。母親役の影響で、サトミさん自身に結婚願望は生まれたりしましたか?

佐藤 まったくないです。ちょっと前までは30代前半までに結婚できたらいいなと思っていましたが、それすらも思わなくなりました。お仕事に関してもプライベートに関しても、今は自分のために時間を使いたいことが増えたというか。

――では、お仕事面での今後の目標を教えてください。

佐藤 お芝居をもっと追求し、今後は映像のお仕事もしたいです。連ドラに出たい。最終的には板谷由夏さんや吉田羊さんのような、凜としたヘルシーな雰囲気を持つ女優さんになれたらいいなって思います。

●佐藤美希(さとう・みき)
1993年6月26日生まれ栃木県出身 身長166p
○第38回ホリプロタレントスカウトキャラバングランプリ。アコムのCMに出演中。『FOOT×BRAIN』(テレビ東京)にレギュラー出演。舞台『暁の帝〜朱鳥の乱編〜』に6月14日〜23日まで出演予定

取材・文/筒井優太 撮影/佐藤裕之

関連記事(外部サイト)