日比美思が"上京前の地方娘"を演じて甘酸っぱい水着姿を披露!「いつかは悪女役も挑戦してみたいです(笑)」

日比美思が"上京前の地方娘"を演じて甘酸っぱい水着姿を披露!「いつかは悪女役も挑戦してみたいです(笑)」

映画『町田くんの世界』、ドラマ『3年A組−今から皆さんは、人質ですー』など、女優として活躍中の元Dream5・日比美思

元Dream5のメンバーにして、現在、女優として活躍する日比美思(ひび・みこと)が、『週刊プレイボーイ25号』(6月10日発売)のグラビアに登場。『夏の砌(みぎり)』と題し、初夏の香りが漂う、どこか切なさを感じさせる姿を見せている。

現在、公開中の映画『町田くんの世界』(監督/石井裕也)では、ウワサ好きの女子高生・栄りら(前田敦子)の友人・ココミ役として出演している彼女。今回は、グラビアの裏話から、映画『町田くん〜』についての話などを聞いた。

***

――初夏を感じさせる、甘酸っぱいグラビアですね。

日比 ありがとうございます。でも、この撮影は数ヶ月前で、まだ寒かったんです。プールのシーンは震えてたし。だからこんな風に仕上がるなんて自分では驚きです。編集さん、すごいなぁ(笑)。

――あははは。これはどんなイメージで撮影を?

日比 「明日、上京する田舎の女のコが、最後にもう一度、思い出の場所を巡る」っていうコンセプトで撮影していただきました。ちょっとセンチメンタルな感じ。撮影中は、私もイメージに沿って、走ったりしましたね。すごく楽しかったです。

――それにしてもスタイルがいいですね。日比さんご自身、自分のチャームポイントはどこだと思いますか?

日比 それがないんですよね。強いて言えば白い肌かな。お母さんからはよく「色の白いは七難隠すっていうんだよ」と言われます。

ーー確かに美白肌です。

日比 いやいや(照笑)。でも、ずぼらなんで普段はあまり肌の手入れをしないんです。それなのに、そう言っていただけるなんて、両親には感謝しなきゃですよね。

――さて、現在はご出演した映画『町田くんの世界』が公開中です。映画は博愛精神の強い、高校生の町田くんをめぐる青春ドラマ。今回、日比さんはどんな役柄を?

日比 ココミという女子高生役で、前田敦子さん演じる栄りらという子のお友達です。すごく個性ってわけではなく、「クラスにいるよね、こういうコ」って感じの役ですね。髪を後ろに束ね、おでこを全開にして素朴な感じを出しました。

――なるほど。印象に残ってる撮影エピソードなんてあります?

日比 唐揚げ棒をたくさん食べたことですね。

――か、唐揚げ棒? なんです、それは(笑)。

日比 学校帰りに、前田さんと一緒に唐揚げ棒を食べながら、走ってる町田くんを見かける、ってシーンがあるんですけど、撮影前に通し稽古やテストなどが何回かあって。その度に唐揚げ棒を食べていたんです。おかげで撮影中、お腹がいっぱいになっちゃって。

――毎回、食べなくてもよかったんじゃない(苦笑)?

日比 あ、そうか(笑)。はい、って渡されたから、つい食べちゃったけど、言われてみたらそうですね。あははは。

――共演された前田敦子さんは、どんな方でした?

日比 ものすごく優しくて、気さくな方でした。大先輩なのに、ちょっとした合間に他愛のないお話をしてくださるんです。なので私自身、あまり緊張せず落ち着いてやれました。お芝居もそうですけど、そういうさりげない素振りとかすごく勉強になりましたね。あと撮影で印象に残ったと言えば、ドラマ『3年A組−今から皆さんは、人質ですー』でも共演した富田望生(とみた・みう)ちゃんとこの作品で初めてお会いしたんですよ。

――公開は『3年A組』が先でしたが、『町田くん〜』はその前に撮影したんですよね。

日比 そうなんです! 望生ちゃんから「Dream5、応援してました!』って声をかけてくれて。私もドラマや映画で望生ちゃんを観ていたので感激して、すぐに仲良くなりました。望生ちゃんとは『3年A組』でご一緒した後も連絡をとるようになり、先日もご飯に行きました。若林時英くんとも『町田くん〜』、『3年A組』で一緒だったんですけど、そういう出会いがあるのはうれしいですね。

――それにしても女子高生が多いですよね。

日比 本当にそうなんです! 他のドラマでもよく演じるし。可愛い制服を何回も着ることができたり、青春を何度も味わせていただいていて楽しいです。


――最近は映画やドラマの仕事も増えていますが、自分の中で女優としての変化はありますか?

日比 最初の頃に比べるとほんの少しだけ余裕が出てきて、いただいた役柄の背景や内面をいろいろ考えて演じられるようになりました。最初の頃は何も考えられませんでしたから。とは言え、すべてにおいてまだまだですけどね。

――お仕事で多忙だと思いますけど、趣味なんてあります?

日比 フィルムカメラはいつも持ち歩いてますね。仕事の合間や散歩中に撮っています。

――へー。なんでフィルムカメラを?

日比 数年前、写ルンですが流行った時、自分も使ってみたんですけど、使い方がよくわからないからほぼ全部、真っ黒になっちゃって(苦笑)。でも逆にそれが面白いなと思って。撮ってるうち、ネガで焼くんだとか、フィルムが違うと色が違うんだとか、どんどん興味を持つようになった感じです。

――フィルムカメラの一番の魅力は?

日比 デジタルと違っていっぱい撮れないことですね。なのでその撮った時のシチュエーションとか気持ちとか、すごく心に残っているんです。最近は、共演者がおしゃべりしているところをこっそり撮った後、ハイって写真を見せてみんなでワイワイやるのが本当に楽しいですね。


――そういえば以前、『3年A組』の撮影の休憩時間、紙コップに共演の今田美桜さんや福原遥さんの似顔絵を描いて「似てる!」ってみんなを沸かせてたけど、写真や絵とかが好きなんですね。

日比 あー、そうかも。私、小さい頃から、絵を描くのもそうだけど、ひとりでチマチマ遊ぶことが多くて。モノを作ったり、手を使って何かを表現するのは好きですね。

――新たな才能発見(笑)? では女優として今後やってみたい役があれば教えてください。

日比 う〜ん。いまは具体的になくて。やったことのない役をどんどんやっていければって思っています。あ、でも着物を着る役とか演じてみたいですね。

――それはなぜ?

日比 和風の顔立ちだと言われることがけっこう多いんです。自分でも着物を着た役はやったことがないので、興味があります。あとこの間、富田望生ちゃんに、じつは悪い女性の役とか似合いそうって言われたんです。近所でも評判のいい奥さんなのに、裏では悪事の手を引いてるみたいな(笑)。いつかはそういう悪女の役にも挑戦してみたいです。

――具体的にはないと言いつつ、いろいろありますね(笑)。

日比 あははは、確かに。でも女優としては本当にまだまだ。目の前のお仕事をひとつひとつ一所懸命やって、着実にステップアップしていきたいですね。

■日比美思(ひび・みこと)
1998年9月20日生まれ 神奈川県出身 
身長167p B85 W65 H85
血液型=B型
○元Dream5メンバー。『マジで航海してます。』『3年A組−今から皆さんは、人質ですー』など、多くのドラマに出演。現在公開中の映画『町田くんの世界』に出演。
公式Twitter【@mikoto__hibi】
公式Instagram【@hibi_mikoto】

取材・文/大野智己 撮影/矢西誠二

関連記事(外部サイト)