七夕の願いは「もっとモテたい(笑)」。ゆうこすが『CanCam』ナイトプールでモテ術指導

七夕の願いは「もっとモテたい(笑)」。ゆうこすが『CanCam』ナイトプールでモテ術指導

プール開き宣言を行なったゆうこす(左)と菜波

4日、モテクリエイターの"ゆうこす"こと菅本裕子と雑誌『CanCam』専属モデルの菜波(ななみ)が、「CanCam×Tokyo Prince Hotel Night Pool」の内覧会で100人の読者とともにプール開き宣言を行なった。

『CanCam』がプロデュースするナイトプールは開催4年目。昨年は累計2万人が来場するほどの人気ぶりだが、今年のテーマは"ムビジェニ"。ゆうこすも「YouTubeだけでなく、インスタの検索でもIGTVが表示されていて、検索している人が多い」と話すように、動画全盛期の現在。フォトジェニックではなく、"動画映え"する撮影スポットが用意されている。

ナイトプール自体初めてだというふたりは、華やかなアイテムやスポットが揃う会場に「いろんなアングルから、自分だけの動画が撮れそう! いますぐに動画撮ってSNSにアップしたい気持ちでいっぱい」(ゆうこす)、「東京タワーも入れながら、ボールをぱーって撮りたい」(菜波)と興奮した様子。

誰と来たいか聞かれたゆうこすは、「男性も入れるんですよね?」と確認したうえで、「彼氏も......」と少し溜めて笑顔に。しかし、そのあとは「できたら来ます」と宣言。

さらに七夕が近いことから願い事を聞かれると「もっとモテたいです(笑)。それはやっぱりね、できることならば」と"モテクリエイター"ならでは直球の答え。そして

「モテるのは自信があって自然に笑顔ができるコ。フロート(浮き輪)やスポットがあるおかげで、自分にもカワイイ映像が撮れてるって自信が湧くんじゃないかな」

とナイトプールならどこで撮影してもモテポイントになるとアピールした。

イベント後は、この日集まった100人の読者がナイトプールへ。まだ水温も冷たいにもかかわらず、あちこちでスマホを構え、自撮りをして楽しんでいた。

「今日は去年行きたいって言ってた友達と一緒に来ました。今年はもう2回目。去年も5、6回ナイトプールは行きました。ここはインスタでオシャレに撮ってもいいし、TikTokで楽しい感じにも撮れそう!」(大学3年生・女子)

「CanCam×Tokyo Prince Hotel Night Pool」は今月6日(土)〜9月16日(土)まで東京プリンスホテルにて開催。宿泊セットプランも用意されている。

取材・文/鯨井隆正 撮影/鈴木昭寿

関連記事(外部サイト)