ラストアイドルが主演映画『がっこうぐらし!』トークイベントで裏話暴露「クランクインのとき、バスタオル1枚だったんです」

ラストアイドルが主演映画『がっこうぐらし!』トークイベントで裏話暴露「クランクインのとき、バスタオル1枚だったんです」

初主演を務めた(左から)間島和奏、長月翠、阿部菜々実、清原梨央

7月5日、映画『がっこうぐらし!』のブルーレイ&DVD発売記念トークイベントが東京・タワーレコード渋谷にて開催され、主演を務めたラストアイドルの間島和奏(まじま・わかな)、長月翠(みどり)、阿部菜々実、清原梨央が出演した。

累計250万部を突破した漫画原作で、2015年にはテレビアニメとしても放送されたこの『がっこうぐらし!』。映画『リアル鬼ごっこ』の監督・柴田一成氏が手がけた学園スリラー作品だ。

普段は"アイドル"であり、今作が初演技だった4人。しかしイベント開始直後、MCを務めたお笑い芸人の三拍子は「今日は"女優"としてのお話を聞いていきます!」と大声で宣言。トークはまず、「初撮影の話」というテーマからスタートした。

「最初のセリフは(共演者の)おのののかさんに『また〜?』って聞くだけだったんですけど、そのひと言が、考えれば考えるほどわからなくなって大変でした」と阿部。4人とも、初の"演技の仕事"に緊張しきっていたようだ。


「たいしたことないセリフが出てこなくなった」だけでなく、「何もしないほうがいいのか、小道具で持っていた漫画を"読むフリ"をしたほうがいいのか......それすらわからなくなった」と現場を振り返った長月は、三拍子・久保孝真(たかまさ)から、すぐさま「読む演技のことを"読むフリ"って言わないでください! 女優ですよね?」と鋭いツッコミを入れられ、笑いを誘っていた。


一方の間島と清原は、阿部と長月より少し遅れてクランクイン。間島が「あとから現場に入るのが恐ろしくて。撮影現場の教室に入れないくらい緊張した」と振り返ると、清原は「私のクランクインの格好は、バスタオル1枚だったんですよ。だから私のほうが入りにくかった!」と、裏話を交えて間島に対抗。メンバー同士でバトルを続けてきたラストアイドルらしい(?)一幕だ。


続くトークテーマ「演じるキャラクターと自分の共通点」では、4人全員が自分の配役にギャップを感じていたことが判明。

みんなのまとめ役である"りーさん"を演じた間島が、「(りーさんは)お母さんっぽいところがあるんですけど、私は家事ができないので......。包丁とIHコンロが怖くて」と語れば、長月は「私が演じた由紀ちゃんは身振りからカワいいコなんですけど、私は全然......。歩き方から"オラオラ系"なので」と、普段の仕草について告白。三拍子・久保から「今日、言わなくていいことしか言わないですね!」とツッコミが入り、観客はまた大笑い。"ぶっちゃけ"が多い長月と、お笑い芸人の相性の良さが光っていた。


長月とは逆に、寡黙なタイプである阿部が演じたのは、男言葉でよく話す元気な"胡桃"。「台本をもらったとき、『私が普段しゃべる、半年分のセリフだ』って思った」と吐露。清原も「私と役で一致しているのは、サイズ感だけでしたね。だから不安は大きかったけど、監督と演技についてめっちゃ話しました」と続け、現場での努力について自信の表情を浮かべていた。


イベントの最後に、長月は「私たちのファンの皆さんは原作やアニメを見てくれていて、逆に『がっこうぐらし!』のファンの方々が、ラストアイドルを見てくださって。お互いが好きになってくれたのがすごくうれしかったです。これからも、『がっこうぐらし!』と私たちの応援をよろしくお願いします!」と、観客へ挨拶。集まったラストアイドルファン、そして『がっこうぐらし!』ファンから大きな拍手が送られ、イベントは幕を閉じた。

デビュー以来、さまざまな挑戦を続けてきた彼女たちが、今作で新たに感じさせた"女優"としての可能性。ぜひ、このブルーレイ&DVDでチェックしてみよう。

取材・文/アオキユウ(short cut) 撮影/武田敏将

関連記事(外部サイト)